21年新車販売台数、トヨタのヤリス初首位 N-BOXはV5ならず

トヨタ自動車の「ヤリス」

 2021年の新車販売台数は、トヨタ自動車が20年に発売した小型車の「ヤリス」が、初めてトップになった。ホンダの軽自動車「N―BOX」は2位で、半導体不足による減産の影響もあり、5年連続の首位はならなかった。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が、車種別の台数を発表した。ヤリスやトヨタの小型ワゴン「ルーミー」など、小さめの乗用車が上位に入った。N―BOXのほか、スズキ「スペーシア」、ダイハツ工業「タント」などベスト10のうち5車種を軽自動車が占めた。(福田直之)

■2021年の新車販売台数

(1)ヤリス トヨタ自動車 21万2927台

(2)N-BOX(軽) ホンダ 18万8940台

(3)ルーミー トヨタ自動車 13万4801台

(4)スペーシア(軽) スズキ 12万8881台

(5)タント(軽) ダイハツ工業 11万6912台

(6)カローラ トヨタ自動車 11万865台

(7)ムーヴ(軽) ダイハツ工業 9万5840台

(8)アルファード トヨタ自動車 9万5049台

(9)ノート 日産自動車 9万177台

(10)ルークス(軽) 日産自動車 8万4748台

※(軽)は軽自動車

ジャンルで探す