ビットポイント、流出は30億円相当 当初発表を修正

 暗号資産(仮想通貨)交換業者ビットポイントジャパンから暗号資産が流出した問題で、親会社のリミックスポイントは14日、流出した暗号資産が約30億2千万円相当だったと発表した。調査の結果、流出額は当初の発表より約5億円分少なかった。流出額のうち、顧客の資産は約20億6千万円分で、同社が今後、全額補償する方針という。

 また、リミックスポイントは同日、ビットポイントジャパンが取引所システムを提供する海外の暗号資産交換所の一部でも、約2億5千万円相当の暗号資産が流出したと発表した。この交換所では日本居住者の口座開設はしていないという。

 ビットポイントジャパンは暗号資産の流出を受け、12日午前10時半から暗号資産の売買や交換など全サービスを停止し、現在も流出の原因を調べている。

 金融庁は今回の流出事件を受け、12日に資金決済法に基づく報告徴求命令を出し、流出の経緯やシステム上の不備などの事情を聴く方針だ。(高橋克典)

ジャンルで探す