トヨタ社長に佐藤恒治執行役員、豊田章男氏は代表権のある会長に…14年ぶり交代

豊田章男氏

 トヨタ自動車は26日、豊田章男社長(66)が4月1日付で代表権のある会長に就任し、後任に佐藤恒治執行役員(53)が昇格する人事を発表した。社長交代は約14年ぶり。内山田竹志会長(76)は退任する。

 佐藤氏は4月に社長となり、6月の株主総会をへて代表取締役となる。

 豊田氏は、オンライン配信した自社メディア「トヨタイムズ」で「交代のトリガー(きっかけ)は内山田会長の退任だ。トヨタの変革をさらに進めるには、私が会長となり、新社長をサポートする形が一番よいと考えた」と語った。佐藤氏については「トヨタの思想、技、所作を身につけようと、車作りの現場で必死に努力してきた人だ」と述べた。

 佐藤氏は技術者出身。ハイブリッド車(HV)「プリウス」の部品開発などに携わり、現在は高級車ブランド「レクサス」の担当部門のトップを務める。「車が進化する中でも本質的な価値を守りながら、新しいモビリティー(移動手段)を提案していきたい」と抱負を語った。

 豊田氏は、リーマン・ショック後の販売不振で赤字に転落した直後の2009年6月、14年ぶりの創業家出身者として社長に就任。10年には大規模リコール(回収・無償修理)で米議会公聴会に出席するなど、就任直後から難局に直面した。10年3月期以降は世界市場で販売台数を伸ばし、22年3月期の最終利益は2兆8501億円と過去最高を更新した。

 電動化や自動運転といった次世代技術の開発競争を見据え、他社との提携も強化。マツダやスズキ、IT企業などと相次いで提携した。

◇佐藤恒治氏(さとう・こうじ) 92年早大理工卒、入社、20年1月から執行役員。

ジャンルで探す