セブン・ローソン、順次再開…浸水被害の一部店舗は休業

 台風19号の影響で、コンビニエンスストアのセブン―イレブン・ジャパンでは、13日も数十店舗が浸水などで再開のめどがたっていない。12日には一時、関東地方に加え、甲信越や東北地方など、最大で約4000店が休業したという。安全が確認された店舗は順次、再開している。一部の商品は配送が間に合っていない。

 ローソンは13日午前9時現在、東北地方や関東地方など、約1100店舗で営業を休止している。このうち、70店舗は浸水などの被害を受けており、再開に時間がかかりそうだ。神奈川県内の一部の店舗では、弁当やおにぎりが届かない状況になっている。

 スーパーでは、イトーヨーカ堂が十数店舗で13日の開店時間を遅らせる予定だ。イオンリテールは東北地方の一部店舗で浸水の被害があり、13日の休業を決めた。

 東京都内を中心に12日に臨時休業した百貨店も、13日は大半が午後から再開する予定だ。多摩川が氾濫し、近くの住居が浸水した玉川高島屋(東京都世田谷区)も午後2時の営業再開を予定している。

ジャンルで探す