NGT事件と後藤真希ブログから考える、アイドルとファンの“正しい距離感”とは?

 年明け早々に元「モーニング娘。」の後藤真希についてのブログ記事が評判となる。なんでも後藤が「一部のファンと遊んでいる」と発言したことから、ファンのあいだでは「ヲタ奴隷を侍らせている」と話が広がっているが、いやいやそうじゃない、というもの。題して「ヲタ奴隷80人は事実ではない!後藤真希の元『ファンの友だち』がごっちんヲタに伝えたいとても大切なこと」だ。

【画像】「お前らは俺にとって家賃だから!」と発言したアイドル

 現在は有料記事となっているので差し障りのない程度にあらすじを紹介すれば……。ブログ主はファンが高じてゴマキの母親が営む居酒屋に通うようになり、やがてゴマキと会って遊んだりする「ファンの友だち」になっていく。いつ電話があっても出られるようにとゴマキからの電話は着信音を変えるなど、24時間365日をひとりのアイドルに捧げたファンの青春の回想録と読める。

ファンとの関係に潜む闇が明らかになったNGT暴行

NGT48・山口真帆 ©時事通信社

 こうした親密な者もいるように、ファンは多層であり、アイドルとファンの関係性は複雑である。そこに潜む負の面が露見する出来事が今年になって詳らかとなる。「NGT48」のメンバー・山口真帆が襲われた事件だ。昨年12月、公演から帰宅した際に自宅前で男性2人に顔をつかまれるなど暴行を受ける。

 流行歌手が襲われるといえば、古くは美空ひばりが塩酸をかけられたり、こまどり姉妹が刃物で刺されたり、あるいは松田聖子が工具で殴られたりと、昭和のおじさんの感覚でいえばステージ上で起きるもの。それらはファンの一方的な想いが高まった勢いでの犯行であった。しかし今回の事件はそうではない。自宅前というプライベートな場所、しかもオートロックのマンション内で起きる。さっそく配信された週刊文春デジタルの記事によれば、《1年以上前から、事件現場となったマンション内に部屋を借りていたことも判明。その目的は、NGT48メンバーとの「接触活動」だという》。

 それだけでも異様だが、事件が明るみに出た翌日には、山口がステージで謝罪する。「運営」はHPにことの経緯と謝罪文を掲出したものの、表立って詫びるのが被害者という展開はどうしたものか。「週刊SPA!」の記事「ヤレる女子大学生RANKING」にひとりの学生がたちあがり、そこで名指しされた各大学の当局も抗議をしたのと対照的である。あとになって「運営」の支配人が変わるなどしたが、組織として若い者を守ることよりも、組織の防衛を優先しているかのようであった。

元SMAP・中居「お前らは俺にとって家賃だから!」

 こうした事件はアイドルとファンの距離感の話にされがちである。「会いに行けるアイドル」を標榜するAKBグループの出来事ならばなおさらだ。

 べたな話だが、アイドルの語源は偶像であり、つまりは崇拝の対照である。それゆえに生活のはげみとする者もいれば、カネをつぎ込む者もいる。その点で元SMAP・中居正広の「お前らは俺にとって家賃だから! 光熱費だから! ケータイ代だから!」は批評性に富んだ名言といえる。(注1)

 おまけにアイドルには効果・効能だってある。吉田豪はかつて週刊SPA!のうつ病特集で、アイドルにハマることでうつがだいぶ回復したという杉作J太郎の事例を引き合いにしてこう述べている。「アイドルにお金を突っ込んで、集客の悪いイベントに駆けつけて、感謝されることで『役に立ってる感』を得られるし、フリを覚えれば運動になるし、ファン友達もできるし」(注2)と。

虚像の重さに耐えられなくなったアイドル

 アイドルはアイドルで、ときに虚像を生み出す。小倉優子の「こりん星」はたいぶ極端だが、中森明菜の「ツッパリ」などがそうだ。なんらかのバックストーリーのうえに立つことで、それがそのままアイドルの個性となり深みとなる。厄介なのはこうした虚像が実像を侵食するときである。

 これまた昭和の話になるが、欽ちゃんの番組から生まれたユニット「わらべ」の一員として一世を風靡する高部知子がそれだ。ベッドでタバコを咥えた、いわゆる「ニャンニャン写真」が週刊誌に掲載されて謹慎に追い込まれたのち、告白本をだす。しかしそれはゴーストライターが勝手に書いたもので、くだんの写真を出版社に持ち込んだ男の子とも「つきあっていたことになっているし、中学2年生のときに処女を失ったとか。『虚像・高部』の帳尻を合わせる必要があったから作られた本だったんです」。にもかかわらず感動したというファンからの手紙が来るなど、虚像の重さに耐えかねて自殺をはかるにいたる。(注3)

虚像ではなく実像を見せようとした「AKB」

 こうした虚像でなく、生々しい実像をみせようとして生まれたのが「AKB」だろう。YouTubeが誕生するのは2005年のことだが、AKBもその年の暮れに初公演をおこなう。映像作品から楽曲からなにからが「コンテンツ」呼ばわりされ、それをネットにて無料で享受して消費されきってしまう時代の到来を予期したのかどうかは知らないが、そうした時代に抗うかのごとく、秋元康はライブのための劇場をもつアイドルグループをこしらえる。

客と演者の間に芸以外のものがなりたってしまった

「芸に到達点はない。あるとしたら、その日その時の客と演者の間にだけ成り立つ」とは桂米朝の言葉である。落語に限らず、ライブの魅力はこの一回性にある。AKB商法など揶揄されることが多いけれども、AKBはアイドルを「芸」へと回帰させたともいえようか。

 ところが客と演者の間に芸以外のものがなりたって起きたのが今回のNGTの事件であった。タレントを守れず、そのうえ対応を誤ってメンバー間の葛藤の憶測がSNSなどでなされるにいたっては、余計に「運営」の問題に帰結するように思える。

 もっとも後藤真希のように、自宅が観光地化し、「最寄りの駅でタクシーの運転手さんに『ゴマキの家に行って下さい』と言ったら連れてってくれるらしい。私も3回試しましたが、3回とも(自宅に)着きました」(注4)といえるのは、それはそれで大物の貫禄に思えてしまうところであるが。

(注1)「ナカイの窓」(日本テレビ系)2016年2月24日放送
(注2)週刊SPA! 2013年5月21日号
(注3)婦人公論 1999年6月22日号
(注4)スポーツ報知 2018年10月8日

(urbansea)

ジャンルで探す