そうだ、キャンプ行こう! 愛好者が語る自然の中で過ごす喜び

若いキャンプ愛好者が増える理由とは

 キャンプ愛好者が増えている。日本オートキャンプ協会の調査によれば、日本のキャンプ市場は5年連続で前年を超えた。キャンプを題材としたマンガ『ゆるキャン』のアニメ放映や、芸人のヒロシがYouTube上で自らのキャンプライフを配信していることなども、話題になっている。また、キャンプを1人で楽しむ「ソロキャンプ」、テントの設営や食事などを業者が代行する「グランピング」が普及するなど、様々なキャンプの形態が登場している。

 また、楽天が発表した「夏のヒット番付2019」でも、キャンプ・アウトドア関連が上位にランクインしており、人気のほどがうかがえる。若いキャンプ好きに、キャンプをする理由とその醍醐味を聞いた。

◆自然の中で「人間になりたい」

 30代の会社員・Aさんは、かれこれ5~6年キャンプを愛好している。都内近郊を中心に年に2~3回出かけ、キャンプ経験は通算20回ほど。会社の先輩に誘われたこともあるが、幼少期に家族で楽しんでいた影響も大きいという。

「育った家での経験から、将来、自分に家族ができても楽しめる趣味だと思って始めました。今までずっと都会育ちなので、住むのは都会がいい。だけど、たまには自然の中で喧騒を忘れたい瞬間もある。川のせせらぎや、風に揺れる葉音を聞くと、“人間”に戻ったという感覚がしますね。朝から自然の中でコーヒーを飲むだけで、心がリセットされます」(Aさん)

 キャンプでは、流しそうめんやボードゲーム、登山を楽しむ。こだわりは特にないが、キャンプは、家族や友人と時間を共有する体験型消費の極みだと捉えて、今年の秋からは、妻と子どもとのキャンプを開始しようと考えている。テントは10年以上使うことを見越して、15万円ほどのものを購入した。ほかにも、クーラーボックスや、日差し避けのタープ、椅子、焚き火台など、年々キャンプグッズを買い足し、累計金額は約35万円ほどだ。

 キャンプ1回の費用は、車のレンタル代、食費、そしてキャンプ場料金2000?5000円で、合計約1万5000円ほど。自然の中で過ごす時間が心地よく、今年もあと3回は行こうと思っているという。

 だが、有意義と感じる時間のなかで、トホホと感じる瞬間もあるようだ。

「正直、キャンプ道具だったり、自分の体験についての“うんちく”を語る人もいて、ちょっと面倒くさいです。道具のこだわりについて必要以上に語っても、他の人にとってはどうでもいいでしょう。あと、長時間拘束されることになるので、リフレッシュできる一方で、どうしても疲れは出ます。さらにテントを専用業者に洗濯してもらうだけで、1万円ほどかかるのも、ちょっと難点でしょうか」

◆都心で気軽に焚き火をしてアウトドア気分

 20代の会社員・Bさんは、年に3回ほど、東京都の多摩地区や城南地区にある認可を受けた公園や河川敷での焚き火を楽しむ。数日間出かけるキャンプと異なり、半日ほどでアウトドア気分を味わえるのが魅力だと語る。

 焚き火をする日は、昼過ぎに仲間と集合して、レンタカーで河川敷に出かける。焚き火台や薪、着火剤、鉄網などの必需品のほか、マシュマロやつまみなども持ち込んで、火であぶって食べるという。フリスビーやキャッチボールをすることもあるが、仲間たちと火を囲み、語りあっている時間の方が長い。

「川沿いの冷たい風を浴びながら、焚き火で暖をとると、無心になれます。泊まりのキャンプにも行ったことがありますが、寝袋だと周りが気になって、ゆっくりと休めない。何より貴重な土日をキャンプだけに割くのはもったいない気もして、気軽な焚き火の方が、自分には合っていると思います」(Bさん)

 都会の喧騒から離れて、自然の中で過ごすことは、プライスレスな体験なのかもしれない。

ジャンルで探す