一見お得な「月額サービス」 その注意点を専門家が解説

一見お得な「月額サービス」の注意点とは?

 馴染みの飲食店で、ついつい“いつものやつ”を頼んでしまう人にとっては便利なサービスかもしれない。今、決まった月額費用を払えば、食べ放題、通い放題という“月額サービス”を行う店が激増している。

 もともと、月額サービスは海外で流行していた。一定の月額でポルシェが乗り放題、飛行機に何度でも搭乗し放題、ペットの餌を注文し放題など、多種多様の定額サービスが根づいていた。

「そこにきて、日本でも月額制の動画見放題サービスや雑誌読み放題サービスが登場し、こうした形態が認知されていきました。今では海外に勝るとも劣らないほどの月額サービスが生まれています。

 使いこなせば客が得をしますが、月額支払いの登録をした後、それほど利用しなくなる客も多い。企業にとって、後者の人は大きな利益を生み出す“お得意様”となります」(流通ジャーナリストの渡辺広明さん)

 外食産業市場を調査・分析している富士経済東京マーケティング本部の仁木彩さんもこう言う。

「月額サービスは、そのサービスを必要としている人にとっては、とても便利なサービスです。該当店がお気に入りであれば、毎日のように食べたり飲んだりできるので、すぐに元が取れます。

 しかし、珍しいから、という理由で始めるとあまり通わなくなり、メリットは小さくなってしまいます。サービス内容が自分にとってマッチするかどうかを、シビアに見極めないと結局、損をすることになりかねません」

 一見、お得なように見える月額サービスにも注意が必要なのだ。

「たとえば、飲食なら、定額料金に含まれていないサイドメニューを購入させたり、衣服のレンタルでは、プラス料金が発生する洋服を選ばせる。そうしたことが企業側の狙いです。

 同じお店をずっと使い続けるよりも、他のいくつかのお店と比較検討し、自分にピッタリとくるサービスを見つけるといいでしょう。もし自分には合わないと思ったり、利用頻度が落ちてきたりしたら、解約することを忘れないように。使わなくても、料金が発生してしまいます」(仁木さん)

 まだまだ拡大していく月額サービス。自分のライフスタイルに合ったサービスを慎重に選び、上手に使いこなそう。

※女性セブン2018年1月18・25日号

ジャンルで探す