50代、定年前の貯蓄額はいくらなのか

コロナ禍の状況も相まって老後資金について漠然とした不安がつきまとう中、定年前までにしっかりと貯蓄をしておきたいというのは世代を超えて多くの人が考えているのではと思います。

50代というと定年退職への意識も高まり、老後資金の貯蓄に向けてラストスパート!といきたい年代。ですが実際には住宅ローンや子どもの教育資金など、出ていくお金がまだまだ沢山あるという方も多いのではないでしょうか。

そんな50代の貯蓄額が実際にはどのくらいなのかを、総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)2019年(令和元年)平均結果(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)」をもとにみていきましょう。

貯蓄額とは

総務省の家計調査報告(貯蓄・負債編)の用語の解説によると、貯蓄とは、

ゆうちょ銀行,郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構,銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金,生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式,債券,投資信託,金銭信託等の有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価,債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と,社内預金,勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいう。 なお,貯蓄は世帯全体の貯蓄であり,また,個人営業世帯などの貯蓄には家計用のほか事業用も含める。

とあります。

つまり「貯蓄額」には、預貯金以外の金融資産も含まれていることを指しています。

50代の預貯金以外の金融資産はいくらか

「貯蓄額」の総額をみるため、まずは、定年前の50代の「預貯金以外」の金融資産からみていきましょう。

  • 生命保険など:420万円

  • 有価証券:185万円

  • 金融機関外:100万円

預貯金以外に約700万円の金融資産があることがわかりました。

次に、50代の預貯金額から貯蓄額をみていきましょう。

50代の貯蓄額はいくらか

定年も目前の50代の世帯の預貯金額は、実際にはどのくらいなのでしょうか。

総務省のデータによれば、50代の預貯金の平均額は「1,022万円」。ほぼ1,000万円といったところです。

では、この預貯金の内訳はというと、

  • 通貨性預金:441万円
  • 定期性預金:581万円

預貯金以外の金融資産と預貯金の額を合計してみると、日本の50代の平均貯蓄額は約1,700万円あることになります。「老後2,000万円問題」の2,000万円には少し届きませんが、定年退職をされる60代では退職金がプラスされているケースもあろうかと思います。

最後に、50代の貯蓄額を考える上で重要な負債額をみてみましょう。

50代の負債額はいくらか

50代の負債の平均額は「661万円」でした。住宅ローンもまだ残っているということでしょう。

これまで見てきた50代の貯蓄額(預貯金以外の金融資産と預貯金の額の合計)から負債の額を差し引くと、約1,066万円となりました。

昨年、金融庁からは「老後2,000万円問題」レポートが公開され話題となりましたので、この金額では心もとないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。定年退職を意識し始める50代、収入がある今のうちに準備できることがあるならば、是非早めに行動しておきたいものです。

50代からの資産運用

お金の話は友人や知人だけではなく、親族の間でもしにくいもの。貯めるだけでいいのかな、資産運用について考えた方がいい気はするんだけど、と思っているうちにどんどん時間は過ぎていきます。

しかし、残念なところ50代から始められる資産運用法は選択肢が限られてきてしまい、60代に入ると「資産運用難民」ともいわれるように、資産運用の選択肢がさらに限られてきます。限られた時間の中、ご自身はあまりお金のやりくりが得意ではないという方は、資産運用のプロに相談してみるのも1つの方法かもしれません。

※この記事は、2020年5月11日に公開された「定年目前50代の貯蓄、みんな本当はいくら貯めてるの? 」(くらしとお金の経済メディア LIMO [リーモ])を最新のデータをもとに再編集したものです。

参考資料

ジャンルで探す