老後にお金がない!危機を防ぐために今すぐ始めること

「生活に十分な年金が確実にもらえる」とは言い切れない現在、老後の備えはしっかりしておきたいですよね。とはいえ、「いくらぐらいの貯蓄があればいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、老後に向けた貯蓄の進め方をご紹介します!貯蓄の目安もチェックしておきましょう!

老後のお金がない危機の回避方法

いざ老後の生活が始まったものの、お金がない…なんてことは避けておきたいですよね。そのためにも、次のような取り組みで計画的に貯蓄をしておきましょう。

目標額を決めておく

無計画にお金を貯めていくより、「いくら貯める」と明確な目標を決めておく方がスケジュールを立てやすくなります。老後の貯蓄を貯める際は、他の目的と混在しないためにも、口座を分けておくなどの工夫が必要です。金利の高い定期預金を選ぶなど、ついお金を使ってしまわないように守っておきましょう。

予定されている支出を計算しておく

老後を迎えるまでは、思っているよりも長い道のりが待っています。ときには、大きな出費が発生することもあるでしょう。

特に多いのは、マイホームの購入のために頭金が必要になるケースです。「いくら用意しておきたいのか」「何歳のときに購入したいのか」をあらかじめ考えておき、老後用とは別で貯めておく必要があります。将来のビジョンを思い描きながら、いつまでにいくら貯めておきたいのかを計算しておきましょう。

老後用の貯蓄は投資しない

投資には、多少なりとも損失のリスクが伴ってしまいます。そのため、必ず確保しておかなければならない老後のためのお金は、投資に利用しないのが鉄則です。「もっとお金を増やしたい」という感情に流されないよう、しっかり気を引き締めておきましょう。

老後の貯蓄はいくら必要?

老後の貯蓄を用意するには、いくら必要なのかを知っておきたいですよね。そこで、生命保険文化センターによる『平成28年度「生活保障に関する調査」』(平成28年12月発行)の結果を参考にしてみましょう。

調査によると、「老後の最低日常生活費」は「20~25万円未満」と答えている人が最も多い結果となりました。割合で言うと31.5%となり、全体の約3分の1を占めています。また、平均額は22万円となりました。この数字は平成16年の24.2万円をピークに、減少傾向となっています。

さらに、同調査の「経済的にゆとりのある老後生活を送るための費用」もチェックしておきましょう。これは、先ほどの「老後の最低日常生活費」に加えて必要な金額です。

最も多い回答は「10~15万円未満」で、全体の34.9%を占めていました。全体の平均額は12.8万円となっており、平成3年の15.5万円をピークに減少傾向です。老後に最低日常生活費に加え、余裕を持って貯蓄を増やしておくと安心でしょう。

老後のため今すぐ始められること

老後への備えをするためには、まずは自分のお金の状況を掴むことが大切です。家計簿をつけることで、毎月の支出内容を確認しておきましょう。わざわざ家計簿をつけるのが煩わしいという方は、家計簿アプリを利用する方法もあります。

さらに、先取り貯金で確実にお金を貯めておくのもおすすめ。もし手元のお金を使い切ってしまっても、貯金しておくべきお金はしっかりキープできているので安心です。節税対策にもなる個人型確定拠出年金の「iDeCo」を利用するのもいいですね。ご自身に合った方法で、コツコツと貯蓄をアップさせましょう。

まとめ

老後の貯蓄を増やすには、「確実に」かつ「計画的に」取り組んでいくのが基本です。万が一失ってしまわないためにも投資はしない、他の目的に使ってしまわないために分けておく、お金を使い切る前に貯金しておくといった対策をして、不安のない老後を迎えるようにしてくださいね。

【ご参考】貯蓄とは
総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

ジャンルで探す