フェラーリF40はいくら? 日産ケンメリは? オークション落札価格合計は3億338万円

第2回東京オートサロン・オークション with BH Auction

コレクタブルカーのオークションは海外でも活況

日本国内で流通している中古車の多くは、オークションを通して取引され、クルマの価値が決まる。そのなかでも世界中のカーコレクターや投資家が参加するのがコレクタブルカーのオークションだ。

コレクタブルカーとは値段をつけることが難しい、スーパーカーやヴィンテージカー、クラシックカー、レーシングカーなど、高額で希少性があるクルマのことで、オークションにかけることにより、手に入れたい人が値段をつけて落札する、とても理にかなったものと言える。

史上最高落札価格は約53億9328万円

コクレクタブルカーのオークションは海外でも活況で、特にRMサザビーズとボナムスが数多くのオークションを開催している。

たとえば、昨年モントレーで行ったRMサザビーズのオークションでは、175台が出品され、最高落札額だったのが、1962年製『フェラーリ250GTO by Scaglietti』だった。当時のレートで約53億9328万円となり、クルマのオークションでは史上最高額となった。

国内では2019年1月11日に、幕張メッセ国際展示場・イベントホールで『第2回東京オートサロン・オークション with BH Auction』が開催された。

出品台数は第1回目の16台から大幅に増えて50台にもなった。そのため、オークションは5時間以上にもおよぶ休みなしの長丁場で、すべて終了したのは21時近くだった。司会とコンダクターは渡辺裕之氏とクリス・ペプラー氏が前後半で交代して務めあげ、開会宣言は前回に引き続き堺正章氏が行った。

最高落札額が期待された『MERCEDES-BENZ 300 SL GULLWING AMG』

50台ものコレクタブルカーを入念にチェックするビッダー(登録入札者)


BHオークションに参加できるのはビッダー(登録入札者)のみとなるが、見ることは誰でもできる。また、電話での入札も並行して行われ、世界中から入札可能。

買い手の購入検討のためのガイドラインとして、エスティメイト(落札予想価格帯)というのがあらかじめ設けられ、クルマによっては販売者の希望金額として、リザーブド(最低落札価格)が設定されたものもあり、リザーブドに達成しない場合は、たとえ入札があっても落札にはいたらない。

今回の出品台数50台のうち、注目されたクルマとオークション結果を紹介すると、11台が製造されたAMGのコンバージョンモデルで、その内2台のみの右ハンドル仕様の1台である、1955年製の『MERCEDES-BENZ 300 SL GULLWING AMG』。

これは、1億3,500万~1億6,000万円がエスティメイトで、どのくらいの金額で落札されるのか期待されたが出品中止になり、のちに商談が成立している。

最高額が期待されたメルセデス・ベンツ『300 SL GULLWING AMG』

知らない人にはガラクタに見えるものが770万円!

最高額1億1,000万円をつけたフェラーリ『F40』


次に高額予想されたのが、1990年製のフェラーリ『F40』だ。バブル当時は2億5,000万円もの高値で取引され、“走る不動産”とまで言われていたのだが、エスティメイト8,000万円~1億1,000万円に設定され、結果、1億1,000万円で会場にいたビッダーに落札され、今回の最高落札額となった。

日産『SKYLINE 2000 GT-R (KPGC110)』は不成立だった


国産車として最高額のエスティメイトだったのが1973年製の日産『スカイライン2000 GT-R (KPGC110)』だ。通称ケンメリと呼ばれ、わずか197台の生産台数のうち、7台しか生産されなかった赤外装の1台だ。

塗装の補修以外は完全なオリジナルコンディションで、走行距離は1万5,000kmという超レアモデル。エスティメイトは7,500万円~1億500万円だったが、残念ながら不成立となった。他にも1960年製『ダイハツミゼット』や、フォーミュラカーのようなフォルムの2007年製『CAPARO T1』なども不成立となった。

ダイハツ『ミゼット』も残念ながら不成立


ユニークだったのは、1972年製『NISSAN FAIRLADY Z 432 BASE VEHICLE FOR RESTORATION』だろう。Z432のレストアベースとして出品され、S20エンジンはオーバーホールされているとはいえ、このクルマのパーツの価値を知らない人から見たら単なるガラクタに映っただろうが、なんと770万円で落札されていた。

日産『Z432』のレストアベースは770万円で落札された

今年のBHオークションは全5回開催

今回のBHオークションは50台が出品されて、落札成立車両は17台、落札不成立車両は32台となり、落札額の最高金額は1億1,000万円、落札合計金額は3億338万円となった。この落札価格には手数料として、会場落札表示価格の10%が含まれる。

ちなみに前回は16台出品されて、落札成立車両は13台で、落札額の最高金額は『日産R90CK』の1億7,300万円、落札額の合計金額は4億5,067万円。今回、落札率が低かった理由として、エスティメイトやリザーブドが高く設定されていたことや、すでに高額すぎて頭打ちになっている可能性も考えられる。

とはいえ投資対象にされているコレクタブルカーの場合は、これからも高値で取引されることは間違いないだろう。

BHオークションの今後の予定としては、4月に富士スピードウェイで開催される『モーターファンフェスタAUCTION』があり、募集車両は‘80s~’90sのネオクラシック・スーパーカー+コンペティションマシンで出品予定台数30台。

6月の『SUZUKA 8HOURS AUCTION』では、二輪車のみでコンペティションモデルも出品可能で、出品予定台数は10台。11月の『SUZUKA Sound of ENGINE AUCTION』では、国産車・輸入車の出品予定台数は100台。

秋には国産クラシックカーが30台出品予定の『NEW YORK AUCTION』が開催される。BHオークションを見るだけなら無料なので、独特なオークションの雰囲気を味わうにはいい機会だろう。

ジャンルで探す