日本郵政、平成30年4~6月期連結決算、ゆうバック取扱数量増加で最終利益18%増

 日本郵政が10日発表した平成30年4~6月期の連結決算は、宅配便「ゆうパック」の取扱数が大きく伸びるなど、郵便事業の業績が好調で最終利益が前年同期比18・2%増の1235億円だった。傘下のかんぽ生命保険の収益増も下支えした。一方、傘下のゆうちょ銀行は国債の利回りの低下を主因に業績が振るわず、日本郵政の売上高に当たる経常収益は3・4%減の3兆1591億円だった。
 日本郵便の最終利益は約3・9倍の229億円となった。ゆうパックの取扱数量は25%増だったほか、買収後に巨額の損失を計上したオーストラリアの物流子会社トール・ホールディングスの営業損益が黒字に転換したことも業績を押し上げた。
 31年3月期通期の連結業績予想は据え置いた。最終利益は前期比28・4%減の3300億円を見込む。

ジャンルで探す