米企業在庫、7月は0.1%増 貿易正常化で今年初のプラス

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日に発表した7月の企業在庫は前月比0.1%増となり、予想と一致した。増加は今年に入ってから初めて。新型コロナウイルス感染拡大で大幅に阻害された貿易が正常化し、モノの輸入が急増したことが背景にあるとみられる。

国内総生産(GDP)の重要な構成要素である企業在庫は6月まで6カ月連続で減少。6月は1.1%減少していた。

7月は小売在庫が1.2%増。6月の2.7%減から反転した。自動車在庫は2.7%増。GDP算出に用いられる自動車を除く小売在庫は0.6%増加した。

卸売在庫は0.3%減。製造業在庫は0.5%減。

企業売上高は3.2%増。6月は8.6%増だった。7月の販売ペースに基づく在庫解消に必要な期間は1.33カ月。6月は1.37カ月だった。

ジャンルで探す