ローソン銀に免許交付、10月15日サービス開始 金融相「新しい試み期待」 

 8月10日、金融庁は、ローソン銀行に銀行業の免許を交付した。ローソン銀は、ローソンの店舗や全国1万3000台超のローソンATMネットワークを生かした金融ビジネスを展開する。写真はローソンのロゴ。都内で昨年12月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 10日 ロイター] - 金融庁は10日、ローソン銀行に銀行業の免許を交付した。ローソン銀は、ローソンの店舗や全国1万3000台超のローソンATMネットワークを生かした金融ビジネスを展開する。9月10日開業、10月15日のサービス開始を予定している。

麻生太郎金融担当相は10日の免許交付式で、大和ネクスト銀行以来7年ぶりの銀行免許になることを踏まえ、「銀行業務は変わってきている。金融業務、利用者利便などでいろいろ新しい試みをしていただくよう期待している」と述べた。ローソン銀の山下雅史代表取締役社長は、期待に応えていきたいと応じた。

ローソン銀はローソン<2651.T>が95%、三菱UFJ銀行が5%を出資。金融庁の予備審査を経て、8月1日に銀行業免許の申請を出していた。

*内容を追加しました。

(和田崇彦)

ジャンルで探す