米FRB公定歩合、3地区連銀が引き上げに反対=議事要旨

[ワシントン 17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が公表した公定歩合会合の議事要旨で、3月の会合で12地区連銀の3地区連銀が公定歩合の引き上げに反対していたことが分かった。

FRBは3月20─21日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き上げ1.50─1.75%とすることを決定。公定歩合も0.25%引き上げ、2.25%とした。

議事要旨によると、これに先立ち3月8日に行われた採決で、変更が正当化されるほど経済指標は力強くないとの理由で、シカゴ地区連銀、ミネアポリス地区連銀、アトランタ地区連銀が公定歩合を現行水準に据え置くよう主張した。

ただ、アトランタ地区連銀はその後、3月15日に、引き上げ支持に回った。アトランタ地区連銀のボスティック総裁は3月20─21日のFOMCでもFF金利誘導目標の引き上げを支持している。

シカゴ地区連銀とミネアポリス地区連銀の総裁は今年のFOMCで投票権を持っていない。

ジャンルで探す