各地で感染拡大 新型コロナウイルス最新情報

UPSら、宅配用の垂直離着陸可能な固定翼ドローンを開発--最大6kgを45km運搬

 米運送大手United Parcel Service of America(UPS)傘下のUPS Flight Forward(UPSFF)と、ドイツのドローン開発企業Wingcopterは、宅配用ドローンを共同開発すると発表した(UPSWingcopter)。

 開発は、Wingcopterの垂直離着陸可能な固定翼機をベースに進める。マルチコプター飛行モード時の速度は時速0kmから50km、固定翼飛行モード時の速度は時速47kmから150km。最大6kgの荷物を運搬可能。航続距離は、空荷だと120km、6kg搭載時は45km。平均風速15mの風のなかでも飛行できる。全長は132cm、翼幅は178cm。

 マルチコプターよりも高速に長距離飛行するため、ドローン宅配できる商品の種類が増え、宅配可能エリアが広がるという。

 現在UPSFFは処方薬医療サンプルの輸送にマルチコプターを使っているが、Wingcopter製ドローンの導入により、UPSFFは対象市場をヘルスケアや小売業界だけでなく、ハイテクや工業、エンターテインメントといった分野へ拡大できると見込む。


ジャンルで探す