シャープ、地上波も4K放送級にきれい--4Kダブルチューナー搭載の「アクオスブルーレイ」

 シャープは9月12日、「アクオスブルーレイ」に4Kチューナーを搭載した「4B-C40BT3/C20BT3/C10BT3」(想定税別価格:14万円前後/11万円前後/10万円前後)を発表した。4K放送の2番組同時録画に対応する。発売は10月24日。

 BS4K、110度CS4Kチューナーを2つ、地上、BS、110度CSデジタルチューナーを3つ搭載した、4Kダブルチューナー仕様。新開発の「4Kマスターエンジン BD-Premium」を搭載し、輝度、フレームレート、ビット深度、色域、解像度の5つの要素をアップコンバート。4K放送に加え、地上デジタル放送、BDソフトも4K放送級の高画質で視聴できる。

 スマートフォンとWi-Fi接続することで、スマートフォンで撮影した写真や動画などをBDレコーダーに保存できる「スマホ写真・動画まるごとストレージ」にも対応。スマホに専用アプリ「AQUOS 写真&動画転送」をインストールし、対象レコーダーを登録すると利用できる。

 ドライブ部は、密閉度を高め長寿命化できる「ホコリシールドBDドライブ」の採用に加え、HDDとBDドライブの状態を確認できる「HDD/BDドライブ健康診断」を新たに搭載。診断はABC判定され、HDDが良好な状態でなければ、BDにタイトルを移動するなど、早めの対処が可能だ。

 AQUOSリモコンやスマートスピーカーと連携して、声での操作も可能。録画番組の呼び出しやタレント名から番組が探せるほか、予約操作にも対応する。新作連続ドラマを自動で4週間分録画する「ドラ丸」は2K放送のみに対応。高精細な文字と子画面を採用した「4Kビジュアル番組表」「4K録画リスト」を備える。

ジャンルで探す