最低賃金:全国平均で時給874円 最高は東京都985円

2018年度改定後の最低賃金

 今年度の都道府県別の最低賃金改定額が出そろい、厚生労働省が10日公表した。改定額は全国平均で874円(時給)、平均引き上げ額は前年度比1円増の26円だった。上げ幅は時給で表示するようになった2002年度以降過去最大で、3年連続で政府が掲げる3%引き上げに相当する額になった。

 厚労相の諮問機関・中央最低賃金審議会は7月、地域の経済事情などを勘案してA~Dの4ランクに分け、目安となる引き上げ幅を提示。これを受け、23県が目安額より1~2円高く引き上げた。

 このうち、引き上げ幅の目安が最も小さいDランク(23円)は16県すべてが目安額を超えて引き上げた。このうち愛媛、熊本、沖縄など8県は25円引き上げた。上積み額を大きくしなければ働き手が確保できない事情が背景にあったとみられる。

 厚労省によると、改定後の額が最も高かったのは東京都の985円で、次いで神奈川県983円。最低額は鹿児島県の761円。最高額と最低額の差は224円で、これまでより3円拡大した。【神足俊輔】

ジャンルで探す