「スピード落とせ」じゃ効かぬ 運転者に不快感与える物理対策 “こぶ”を改良して“起伏”に

住宅街の生活道路などで、道路に意図的に起伏をつけた「ハンプ」と呼ばれる構造が見られます。車速を抑制する物理的な安全対策の一つですが、似た名称と役割で「バンプ」というものも存在。ここに安全対策の試行錯誤の跡があります。

ドライバーに不快感を与えて減速させる「ハンプ」

 近年、住宅街の狭い生活道路などで、道路を意図的に“盛り上げて”いる箇所が見られるようになっています。これは、通過するクルマを減速させる対策のひとつで「ハンプ」と呼ばれるもの。ドライバーにスピードを落とさせる「物理的な対策」ですが、ここに至るまで様々な試行錯誤がありました。

Large hump01

ハンプが設置された交差点(画像:国土交通省)。

 2011年9月、道路での歩行者の安全を守るために「ゾーン30」という交通安全対策が定められました。ゾーン30に指定された地域内では、車の最高速度が30km/hに制限されます。さらに、ゾーン30の安全を高める追加策として、物理デバイスを設置する「ゾーン30プラス」が2021年8月から始まっています。

 ゾーン30プラスの物理デバイスにはさまざまなものがありますが、その中で交差点や横断歩道で車速を抑制させるための物理デバイスが「ハンプ」です。ハンプは徐行や一時停止が必要な場所でクルマを意図的に減速させるため、道路に平均5%の滑らかな傾斜をつけた高さ10cmの起伏のこと。上りの傾斜部、高さ10cmの平面部、下り傾斜部で構成され、それぞれの長さは2m以上、合計で6m以上となります。

 このハンプをクルマが30km/h以上で走行すると、車体が上下に大きく揺れ、運転者は車がフワリと浮いたような不快感を覚えるのです。そのためハンプの不快感を知っている運転手は、手前から30km/h以下に抑えるようになり、それが交差点内や横断歩道付近にいる歩行者や自転車の存在を認識しやすくなるという安全につながります。

 ただ、非常に似た名称の安全対策で「バンプ」というものも存在します。実は「ハンプ(hump/起伏)」の形状を定めるまではさまざまな試行錯誤があり、その前身の一つと言えるのが「バンプ(bump/こぶ)」なのです。

騒音と振動が発生するバンプ

 最初は速度を強制的に抑えることのみを目的とし、道路に凹凸を連続させた「バンプ」が、曲がりくねった下り坂や交差点、横断歩道の前に設置されました。東京では例えば、首都高のレインボーブリッジの末端などで、路面に赤いカラー舗装で縞模様が見られますが、これが「バンプ」です。駐車場などではもっと起伏のあるバンプもあり、速度の抑制を第一に考えた構造といえます。

 バンプでは車体が小刻みに上下するため、運転者は速度を控えるのですが、クルマが通過する際にガタガタと騒音や振動が生じることが問題でした。人口の少ない地域や、他にも騒音、振動が近くで生じているような場所なら問題ありませんが、住宅街の生活道路でクルマが通過するたびに騒音や振動が発生すると、交通安全とは別の問題が生じてきます。

 そこで、減速の目的を果たしながら騒音、振動も抑えるために、比較的ゆるい傾斜のついた起伏であるハンプの形状が、国土交通省等の研究により編み出されたのです。現在のような形状となったハンプは、2017年頃から一部の地域で試験運用が行われ、30km/h以下への抑制と振動、騒音問題をクリアしたことからゾーン30プラスの物理デバイスにも加えられることとなりました。

 また、ハンプの平面部分に横断歩道を設置した「スムーズ横断歩道」という物理デバイスもゾーン30プラスにはあります。クルマはハンプ手前から速度を抑えるので、横断歩行者がいる場合の一時停止違反などを防ぐ効果も期待できるでしょう。

Large hump02

路面の赤い縞模様が「バンプ」。この首都高大井PAは本線からすぐPAに入る構造のため、入口で減速を促している(ドラレコ画像)。

 ただし、ハンプやスムーズ横断歩道は試験的に運用されたあと、撤去されているケースも多く見られます。クルマの通過による変形や摩耗に耐え、ハンプを設置・維持するには、相応のコストがかかるからでしょう。

 またハンプでも、クルマが通過した際の騒音、振動はゼロではありません。ハンプの構造や運用方法を定めた国土交通省も「住民の理解を得た上での設置が望ましい」としており、そのような点からも多くの道路で一斉に設置されるということにはなりにくいようです。

ジャンルで探す