「宇高連絡船」34年ぶり復活に地元が沸いたワケ 急行「鷲羽」と接続 蘇った特別な航路

本州と四国を結んだ鉄道連絡船「宇高連絡船」が、接続列車の急行「鷲羽」とともに、34年ぶりの復活を果たしました。500名分のチケットは完売し、地元からも幅広い世代の人々が集結。連絡船がいかに特別な存在だったか、再認識されました。

宇高連絡船、34年ぶりに“自腹貸し切り”で復活!

 かつて大阪・岡山からの列車に接続し、本州と四国を結んでいた鉄道連絡船「宇高連絡船」を再現するイベントが、2022年9月4日に開催されました。
 
 当日は、かつて大阪~宇野間を結んでいた急行「鷲羽」も1日限りリバイバル運行され(ただし区間は姫路~宇野)、この列車に接続する形で連絡船が宇野港(岡山県)~高松港(香川県)を1往復しました。「本州から四国への鉄道・船の乗り継ぎ」が1日限り、実に34年ぶりの復活を遂げたのです。

Large 220905 ukou 01

1日限りリバイバル運行された急行「鷲羽」(宮武和多哉撮影)。

 国鉄・JRによって運営されていた「宇高連絡船」は、1988(昭和63)年の「瀬戸大橋」開通によって、本州~四国が鉄道(JR瀬戸大橋線)で結ばれたことにともない廃止。80年近く続いた歴史に幕を閉じました(その後高速船航路として2年だけ存続)。

 当時の船舶は既に海外へ売却されていますが、今回のイベントでは香川県・直島を中心に航路を持つ「四国汽船」の新造フェリー「せと」を有志が自腹で貸し切り、運航が実現しました。なお今回のイベントでは、旅客・貨物のみの扱いだった連絡船を再現するため、車両甲板はあえて使用していません。

 このイベントに参加できるのは急行「鷲羽」からの乗り継ぎツアー客、一般参加と合わせて先着500名でしたが、朝10時の受付開始前から長蛇の行列ができ、その人気ゆえに乗船が叶わなかった人々も多かったようです。また岡山・香川両県のテレビ・新聞などのメディアが取材に総結集するなど、注目度の高さがが伺えました。さっそく、乗船してみましょう。

見送りの紙テープ・銅鑼の音…船体は違っても楽しい「連絡船再現」

「宇高連絡船」を再現したこの船は、午前11時10分に宇野駅へ到着する急行「鷲羽」に接続して、11時45分に宇野港を出港。鉄道・船の連絡を行っていた桟橋はすでになく、接続時間もゆったりとられているため、かつて乗り継ぎのたびに乗客が繰り広げた“宇野ダッシュ”の必要はありません。

 出航時はかつての連絡船と同じように銅鑼が打ち鳴らされ、「蛍の光」のBGMとともに乗船客が紙テープを投げ、見送りの人々に手を振りながらゆっくりと岸壁を離れていきました。

 今回のイベントは、両側の頭文字をとって「宇高航路」と呼ばれる宇野~高松間の海路を往復します。この航路は2019年を最後に直行する定期旅客船が消滅していますが、かつては国鉄だけでなく民間の旅客船も多く運航されていました。乗船客のなかには、当時の記憶をたどって「右に見えるのは葛島と荒神島、その向こうが直島」など、地図を見ながら確認する人も。なお帰りには、数量限定で航路図が配られていました。

 瀬戸内海を南北に進むこの航路は、東西方向に運航される多数の船との併走・交差を観察できるのも魅力。この日も小豆島に向かうフェリー(「からかい上手の高木さん」ラッピング)、関西から愛媛県に向かう「オレンジフェリー」、大型貨物船(RORO船)やバラ積み船、漁船などが船窓を楽しませてくれました。

Large 220905 ukou 02

乗船待ちで長蛇の列を作る人々。早々に定員が埋まり、乗船できない人々も多かった(宮武和多哉撮影)。

 そして船内では、鉄道との接続を告げる船内放送が再現されるなど、イベントを主催する「宇高連絡船愛好會」が趣向を凝らした“小ネタ”を盛り込んでいました。また当日は「瀬戸内国際芸術祭」の最終日とあって、宇野港の各乗場は、“フェリー銀座”と呼ばれていた頃の賑わいを取り戻していたようです。

 宇高連絡船愛好會によると、今回の運航は急行「鷲羽」が運行されていた年代に合わせ、廃止時の宇高連絡船より前の世代(鷲羽丸、眉山丸など。1967年引退)を再現するため、風物詩でもあった船内の立ち食いうどん店(1969年に営業開始)は設けなかったそう。その代わり、当時販売されていた冷凍みかんや、高松駅弁「あなごめし」が特製の掛紙付きで準備され、こちらも早々に完売。海を眺めながら懐かしい味を堪能し、販売されていた当時の思い話に耽る人、その話に聞き入る人の姿がみられました。

なぜ「宇高航路」は特別なのか?

 今回のイベントは船や鉄道を好きな人だけでなく、かつて連絡船を利用していたという人や、ご高齢の方もかなり目立ちました。当時を知る岡山県・香川県の人々にとって、宇高航路や連絡船そのものが特別な存在でもあるのです。

 約1時間で移動できるこの航路は、本州~四国の最短海路でもあり、宇高連絡船の廃止後も「本四フェリー」「宇高国道フェリー」「四国フェリー」など民間事業者によって、最盛期には24時間、合計で1日約150往復もの旅客船が往来していました。その後各社の撤退が続き、2019年に四国フェリーが運航を休止したことで定期旅客船は消滅。今回のリバイバル運航で、不夜城のような賑わいを見せていた宇野港・高松港を懐かしむ人もいました。

 その中でも、鉄道と接続した宇高連絡船は、四国から大阪・東京などへの出張・上京によく使われていたことから、ことさら思い出に残っている人も多いことでしょう。

 連絡船は民間航路に比べて定期利用は極端に少なかったものの、他の四国3県からの長距離列車が高松駅に集中し、国鉄が運営する連絡船は鉄道との連絡をほぼ一手に引き受けていました。テープや銅鑼の音に見送られて高松港から故郷を後にしたり、その家族や友人を見送ったりと、人生の一大トピックスをここで経験した人も少なくありません。

Large 220905 ukou 03

宇高連絡船ではおなじみだった、出航時の紙テープ投げも行われた(宮武和多哉撮影)。

 宇高連絡船は廃止前には多くのメディアに登場し、その中でも日本テレビ「ズームイン!朝」は、アイドルを目指す少女が間もなく廃止になる連絡船で故郷をあとにする様子を生中継、ドラマチックな出会いと別れがある連絡船の存在を改めて知らしめました。

 その時に家族に見送られて涙ながらに上京した松本明子さんの、その後数年での激動期はあえて触れませんが、当時リポーターをされていた方は「みんな『あの連絡船の中継の時は!』って言うてくれるんや」と、お会いした際に仰っていました。

 多くの人々の思い出とともに残る連絡船、またリバイバル運行が行われるかもしれません。

ジャンルで探す