一般人も乗れる大統領専用機!? 「ガルーダ・インドネシア・ワン」VIPじゃなくても羽田に来るワケ

インドネシアのフラッグ・キャリア、ガルーダインドネシア航空には世界的にもレアな一般人も乗れる大統領専用機が存在します。この機体、外観は見るからに特別機ですが、定期便にも就航しているとか。どういうことなのでしょうか。

普段は定期航路でも使用 インドネシアの特別仕様機

 2022年7月27日、羽田空港にインドネシア政府専用機としてボーイング777-300ER(機体記号:PK-GIG)が、同国のジョコ・ウィドド大統領を乗せて飛来しました。機首側にはインドネシアの国章と大統領章が輝き、大統領搭乗機であることがわかります。コールサインも「ガルーダ・インドネシア・ワン」と特有のものを用いていました。

 ただ、実はこの機体、普段はガルーダインドネシア航空の定期便として使用されています。つまり、タイミングさえ合えば一般人も搭乗可能な「市民も乗れる特別機」なのです。

Large 220803 garuda 01

「ガルーダ・インドネシア・ワン」として羽田空港に飛来したガルーダインドネシア航空のボーイング777-300ER機(深水千翔撮影)。

 世界的には、政府要人が外遊するときは、関係者だけが搭乗する特別な飛行機が使われることが多いです。日本やアメリカ、ドイツなどの政府専用機は、一目でその国の特別機とわかるデザインをしていることから、運航が行われる時は大きな話題になります。

 一方で、オーストラリア空軍のKC-30A空中給油・輸送機や、中国国際航空のボーイング747-8は、内部こそVIP仕様になっているものの、専用の塗装は施されておらず、外観からは要人輸送に用いられる機体か否かは区別がつきにくくなっています。

 インドネシアも2014(平成26)年以降、自国空軍のボーイング737-800(機体記号:A-001)を大統領専用機(インドネシア・ワン)として運用していますが、こちらは短距離がメイン。長距離の移動では、ガルーダインドネシア航空のボーイング777(PK-GIG)をチャーターする形をとっています。

ガルーダ機の通常塗装って何色?

 今回、羽田空港に降り立った「ガルーダ・インドネシア・ワン」を見てみると、他のガルーダ機とは違う塗装であることがわかります。通常の機体は機首前方に大きく社名とロゴが描かれ、機体後部はコーポレートカラーである青と水色を組み合わせた爽やかな配色となっています。

 それに対して大統領が搭乗する機体は、機首から垂直尾翼にかけて赤と白のインドネシア国旗が帯のように描かれ、側面には「REPUBLIK INDONESIA」と国名が入り、尾翼には「garuda」と社名が書かれています。さらに「ガルーダ・インドネシア・ワン」として運航する場合は、国章と大統領章が取り付けられます。

 ここまでの差異がありつつ、通常時は他の機体と同じように一般客を乗せ飛び回っており、今回来日したウィドド大統領が外遊から戻った後は早速、スカルノ・ハッタ空港発シンガポール・チャンギ空港行きのGA836便に投入されていました。なお、同機は国際線ではインドネシア周辺の近距離線だけでなく、オーストラリアや日本といった長距離線にも就航していることから、羽田空港にもたびたび旅客便として飛来しています。

Large 220803 garuda 012

ガルーダインドネシア航空の通常塗装のボーイング777(深水千翔撮影)。

 自国のフラッグ・キャリアでVIPが外遊に出るのは珍しいことではありません。日本もかつてはJAL(日本航空)の機材が、天皇や首相の海外訪問で使用されてきた経緯があるほか、インドも2020年までは国営企業のエアインディアが保有するボーイング747-400をチャーターして「エアインディアワン」として運航していました。

 しかし、いずれも保有する航空会社の標準的な塗装で、1機だけVIP用に特別な塗装をするということはありませんでした。

 ガルーダインドネシア航空は「ガルーダ・インドネシア・ワン」に限らず、レトロ塗装機やマスク塗装機などさまざまなユニークな機体を国際線で飛ばしています。運が良ければインドネシア大統領が搭乗するための特別なガルーダ機に乗れるかもしれません。

ジャンルで探す