インド版「エアフォースワン」印政府専用機“エアインディアツー”が来日 なぜワンじゃない?

2022年5月23日、インド政府専用機「エアインディアツー」が東京都にある羽田空港に飛来しました。運航開始からまだ2年ほどしか経っていない特別機の概要と、なぜ今回は「エアインディアワン」と呼ばないのか見てみます。

インド政府専用機、羽田に飛来

 2022年5月24日(火)から日本で行われる日米豪印4か国首脳会議、通称「クアッド」。この開催に合わせ、5月22日(日)にはアメリカ大統領専用機「エアフォースワン」が都下にあるアメリカ空軍横田基地に飛来したほか、インド政府専用機「エアインディアツー」も5月23日(月)に、モディ首相を乗せて羽田空港に飛来しました。

 インドでは大統領や副大統領、首相が搭乗する政府専用機は、おもに「エアインディアワン」のコールサインで運航します。しかし今回はなぜか「エアインディアツー」でした。なぜ「ワン」ではなく「ツー」だったのか、その部分を含めインドの政府専用機について見てみます。

Large 220523 airindia 01

2022年5月23日朝、羽田空港に飛来したインド政府専用機(深水千翔撮影)。

 そもそも、インドが新たな政府専用機としてボーイング777-300ERを導入し、空軍で運用を開始したのは2020年のこと。同国は長らく要人専用のワイドボディ機を持たず、VIPが外遊する場合は、国営企業のエアインディアが保有するボーイング747-400をチャーターし「エアインディアワン」として運航してきました。

 実際、2019年10月にコヴィンド大統領が、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に参列するため来日した際は、エアインディアのボーイング747(機体記号VT-ESO)が羽田空港に飛来しています。

 しかしボーイング747は機体の老朽化が進んでおり、またエアインディア自体も多額の負債を抱えていることから、民営化と経営再建に向け、企業としてのスリム化が大きな課題になっていました。さらにインド政府も独自に使用できる専用機を求めていたことなどから、新しい「エアインディアワン」はインド空軍が運用することになりました。

インド版「エアフォースワン」の機内は?

 こうして2020年に導入された新たな「エアインディアワン」、機体は2機で各々の登録記号は「K7066」と「K7067」です。ただ新造機ではなく、両方ともそれまでエアインディアが旅客機として使用していた「ボーイング777-300ER」を改造したもので、2021年3月にモディ首相のダッカ訪問で初めて使用されました。

 塗装は白を基調とし側面には英語とヒンディー語の両方で書かれた国名、そして国章がデザインされています。機体後部にはインド空軍の国籍マーク(ラウンデル)、垂直尾翼には日本を始め、世界各国の政府専用機と同じように国旗が描かれています。

Large 220523 airindia 02

2022年5月23日朝、羽田空港に飛来したインド政府専用機(深水千翔撮影)。

 機内は大統領や首相が使用するエリアのほか、会議室や医務室、記者会見用のスペース、報道関係者やスタッフ、運航クルーのための座席が備えられました。また、専用機ならではの利点として、セキュリティを強化した専用の通信設備が設けられており、飛行中でも重要な情報を集め各機関に指示を出せるようになっています。

 また機体が攻撃を受けるなど危機に陥った場合の状況も想定しており、ミサイル警報センサーに加えて高度統合防衛電子戦装置(AIDEWS)や大型航空機赤外線対抗システム(LAICRM)、チャフ・フレア射出装置などで構成された自己防衛システム(SPS)を搭載することで、飛来するミサイルの探知と妨害が可能になっています。アメリカ国防安全保障協力局によれば、システム一式にスペアパーツやサポートなどを合わせた価格は約1億9000万ドルとのことです。

 なお、運用こそインド空軍の航空司令部通信飛行隊(Air Headquarters Communication Squadron =AHQCS)が担っていますが、機体の保守はボーイング777の整備ノウハウを持つ、エアインディア・エンジニアリングサービス・リミテッドが手掛けているといいます。

「ワン」と「ツー」の使い分けは?

 このようにインド政府が大統領や副大統領、首相など要人の往来に用いている政府専用機「エアインディアワン」ですが、今回、羽田空港に飛来した際に用いられていたコールサインは「エアインディアツー」でした。

 なぜ「ワン」ではなく「ツー」だったのか、それは乗っていたのがモディ首相だったからです。

Large 220523 airindia 03 1

航空自衛隊が運用している日本の政府専用機。インドと同じくボーイング777-300ERがベース(深水千翔撮影)。

 インドの国家元首は大統領です。2022年5月現在、ラーム・ナート・コーヴィンド氏が第14代インド大統領に就いていますが、彼が機体番号「K7067」の政府専用機をヨーロッパ訪問に使用していたため、こちらに「エアインディアワン」のコールサインが割り振られていました。

 そのため、来日するモディ首相の機体「K7066」の方には「エアインディアツー」のコールサインが用いられたというわけです。

 ちなみに日本の政府専用機も、インドと同じように同じようにボーイング747-400から同777-300ERへと更新しています。いつか日印の政府専用機、ボーイング777-300ER同士が羽を連ねて駐機する日が来るかもしれません。


※誤字を修正しました(5月23日16時06分)。

ジャンルで探す