バスの押しボタン「ワイヤレス化」へ 配線いらずで10kg軽量化も レシップ

飲食店でも見かける?「電池いらずボタン」も採用です。

燃費向上にも貢献

Large 220419 button 01

バスの押しボタンのイメージ(画像:レシップ)。

 バスの車内機器を手掛けるレシップは、降車ボタンを無線運用するシステムの発売を2022年4月4日に開始しました。

 これまでは車内に40個ほど付いていた降車ボタンからそれぞれ、ケーブルが伸びて制御器へ繋がっていました。そのため、配線を隠すための器具やハーネスが車内に取り付けられていましたが、無線化でそれらが不要となります。

 レシップによると、配線周りの省略化で、大型車両では約10kgの重量軽減になり、燃費向上にも貢献するといいます。

 あわせてこの「無線押しボタンシステム」では、ボタンを押した力を用いて発電するため電池が不要なこと、押しボタンごとの固有信号を活用して「押されたボタンの位置をふまえてアナウンスを変える」などのメリットが生まれるとしています。

ジャンルで探す