ロシア ウクライナに軍事侵攻

町田街道のバイパス道路 市民公園まで延伸工事着手 旭町工区も工事進行中

町田街道のバイパス道路として進められています。

鶴川街道までが整備開始

Large 211201 machida 01

高ヶ坂1期工区の標準横断図(画像:東京都建設局)。

 東京都建設局は2021年12月20日(月)、町田市内の都市計画道路「町田3・3・36号相原鶴間線」の高ヶ坂1期工区990mについて、事業を開始したと発表しました。

 相原鶴間線はJR横浜線相原駅付近から、東急田園都市線南町田駅までをむすぶ18.1kmの都市計画道路です。町田街道や国道16号のバイパス道路でもあり、渋滞緩和のほか、幅員25mを確保して緊急輸送道路としても活用される計画となっています。

 今回事業着手となるのは、旭町三丁目~本町田間の990m。町田市民病院から町田市民球場・市民公園の裏手を通過するル―トで、鶴川街道と接続します。町田中央公園付近では高低差が大きいため、高架橋によって通過します。

 今後、用地取得や測量などが開始されます。開通見込みは未定です。

 同都市計画道路は、町田市民病院から町田街道を延長する形で、木曽団地までの800mが工事中。開通すれば、常盤町までが幅員25m道路で結ばれることになります。現地では道路施設が姿を現しはじめていますが、こちらも開通見込みは未定です。

ジャンルで探す