「埼玉県民の日」にあわせ、東武や西武、秩父鉄道など6社がフリーきっぷを発売

県民の日は11月14日(日)です。

県が誕生して150周年

Large 211019 eiden 01

東京と埼玉の都県境に立つカントリーサイン(柘植優介撮影)。

「埼玉県民の日」である2021年11月14日(日)にあわせ、埼玉県内に鉄道路線を持つ6社がフリー乗車券を販売します。乗車券の有効日や値段などは次の通りです。

○東武鉄道
有効日:11月14日
有効区間:県内
値段:480円(子ども240円)
販売期間:11月8日(月)から14日まで
販売場所:大師前、押上、みなみ寄居、寄居を除く県内と東京都内の各駅、浅草駅旅行センター

○西武鉄道
有効日:11月13日(土)か14日の購入当日
有効区間:県内と西武園駅、多摩湖駅
値段:480円(子ども240円)
販売期間:11月13日と14日
販売場所:県内の各駅

○秩父鉄道
有効日:11月14日
有効区間:全線
値段:1000円(子ども500円)
販売期間:11月6日(土)から14日まで
販売場所:全駅

○埼玉新都市交通(ニューシャトル)
有効日:11月13日(土)か14日
有効区間:全線
値段:430円(子ども220円)
販売期間:11月6日から14日まで
販売場所:全駅

○埼玉高速鉄道
有効日:11月14日
有効区間:東京都内を含む全線
値段:580円(子ども290円)
販売日:11月14日
販売場所:東京都内を含む全駅

○首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)
有効日:11月14日
有効区間:東京都内を含む全線
値段:2420円(子ども690円)
販売日:11月14日
販売場所:八潮駅、三郷中央駅

 今年は県が誕生して150周年です。11月14日には記念式典などのイベントも開催されます。

ジャンルで探す