新型コロナ 最新の感染状況や対応は

全国「危ない交差点ランキング」2020年版 ワースト10位に目立つ大阪の交差点

ワースト1位は大阪と福岡の交差点でした。

昨年から目立つ「大阪」

 日本損害保険協会が2021年9月15日(水)、「全国交通事故多発交差点マップ」を更新。あわせて2020年で人身事故の多かった交差点のワースト10を発表しました。2020年の全国ワースト10交差点は次の通り(交差点名、所在地、年間人身事故件数の順に記載)。

Large 210915 abunai 01

ワースト1位の法円坂交差点(画像:Google Earth)。

・1位:法円坂交差点、大阪市中央区、22件
・1位:針摺交差点、福岡県筑紫野市、22件
・3位:梅新東交差点、大阪市北区、18件
・4位:讃良川(さんらがわ)交差点、大阪府寝屋川市、16件
・4位:西本町交差点、大阪市西区、16件
・6位:谷町九丁目交差点、大阪市天王寺区、15件
・6位:樋之口町交差点、大阪市北区、15件
・6位:六本松交差点、福岡市中央区、15件
・9位:七宮交差点、神戸市兵庫区、14件
・10位:大原交差点、東京都世田谷区、13件
・10位:上天神西交差点、高松市、13件

 同率1位のうち大阪の法円坂交差点は、昨年も全国ワースト2位、福岡の針摺交差点は2015年、2016年に福岡県内ワースト5位だったところです。いずれも自動車道の高架下にあり、見通しの悪さが指摘されています。

「全国交通事故多発交差点マップ」は人身事故の半数以上を占める交差点や交差点付近での交通事故の防止・軽減を目的として、「秋の全国交通安全運動」に先立ち、全国の地方新聞社の協力を得て作成されたものです。

 2008年度から毎年公表されており、都道府県ごとに人身事故が多発した交差点の特徴や事故の状況、要因・予防方策などが紹介されています。また、地図メーカーのカーナビデータにも事故多発交差点の情報として採用されています。

ジャンルで探す