日替わりでヘッドマークを掲出 鉄道博物館で電気機関車「EF64 37」展示

初日のヘッドマークは「あけぼの」です。

見学・撮影の専用エリアを設置

 JR東日本高崎支社と鉄道博物館は、9月15日(水)から27日(月)まで鉄道博物館でEF64形電気機関車37号機を特別展示します(休館日の21日〈火〉を除く)。

 展示場所は鉄道博物館の本館と南館のあいだにある屋外展示エリア。E1系新幹線電車の隣です。車両の近くには専用エリアを設け、見学や写真撮影をすることができます。見学時間は入れ替えを含めて10分間です。展示イベントに参加するには、鉄道博物館入館後に「てっぱく抽選アプリ」での抽選が必要となります。

Large 210906 ef64 01

EF64形電気機関車37号機(画像:写真AC)。

 
 展示するEF64形電気機関車37号機には、日替わりで片側のみヘッドマークを掲出。展示初日のヘッドマークは寝台特急「あけぼの」です。9月16日(木)以降に掲出するヘッドマークは、9月14日(火)に鉄道博物館のウェブサイトで発表となります。

 EF64形電気機関車37号機は、国鉄時代の1971(昭和46)年に製造された直流用電気機関車。79両製造されたEF64形0番台のなかで唯一残る機関車です。当初は青とクリームの「国鉄色」の車体色でしたが、2003(平成15)年に茶色(ぶどう色2号)に変更。長岡車両センター所属時代は寝台特急「あけぼの」もけん引したこともあります。

 現在は「国鉄色」の姿に戻って高崎車両センター高崎支所に所属。工事列車のほか、信越本線横川~高崎間の快速「SLELぐんま よこかわ」のけん引機として使用されることもあります。

ジャンルで探す