自衛隊 四国沖等で空母「クイーン・エリザベス」らと5か国共同訓練 今回はカナダも

カナダも太平洋を横断して訓練に参加。

日米英のF-35「ライトニングII」が揃い踏み

 海上自衛隊ならびに航空自衛隊は2021年9月2日(木)から、日本近海においてイギリス、アメリカ、オランダ、カナダと5か国共同訓練「PACIFIC CROWN(パシフィッククラウン)21-3」を実施しています。

 期間は洋上訓練が9月2日から9月7日、飛行訓練が9月3日から9月9日となっており、訓練エリアは東シナ海から四国沖、そして関東周辺の海空域までだそう。なお、飛行訓練については東京都の横田基地も入っています。

Large 210903 qe 01

東シナ海においてアメリカ空軍のF-15C戦闘機と編隊飛行する空母「クイーン・エリザベス」搭載のF-35B戦闘機(イギリス海軍)

 参加部隊は、英米蘭の3か国は、西太平洋を航行中のイギリス空母「クイーン・エリザベス」を中心とする空母打撃群(CSG21)の構成艦で、加えてアメリカ海軍のP-8哨戒機も含まれています。

 日本は、海上自衛隊が護衛艦「いせ」「あさひ」「はるさめ」「たかなみ」「きりしま」「おおなみ」「てるづき」およびそれら搭載機(SH-60J/K哨戒ヘリ)で、さらに潜水艦1隻、P-1哨戒機、MCH-101掃海・輸送ヘリコプターも参加するとのこと。一方、航空自衛隊はF-35A戦闘機2機(三沢基地)を筆頭に、F-2戦闘機4機(築城基地)、F-15J/DJ戦闘機8機(新田原&那覇基地)、E-767早期警戒管制機1機(浜松基地)、E-2C/D早期警戒機1機(三沢または那覇基地)、KC-767空中給油・輸送機1機(小牧基地)だとしています。

 また、このほかにカナダ海軍からフリゲート「ウィニペグ」も名を連ねています。

 今回の訓練では、日米英3か国のF-35ステルス戦闘機が初めて一緒に訓練を行うということで、注目が集まっています。

ジャンルで探す