好調ANA「おうちで機内食」 3種まとめて食べて分かった魅力 家ならではの禁断コラボも可?

新型コロナ禍、ANAで展開されている「家で食べられる」機内食詰め合わせ。さまざまなコンセプトのセットが販売されるなか、機内食総選挙で2位の商品を集めたものを実食し、部員の感想を集めました。

メニューはどんなものが?

 新型コロナウイルス感染拡大下、ANA(全日空)が始めた「機内食の通販」が好調です。2020年12月から、国際線エコノミークラスで提供されている機内食メインディッシュの詰め合わせを公式通販サイト「A-style」および楽天市場にて販売していますが、同社によると2021年第1四半期決算発表時点で累計80万食を売り上げているとのこと。いまでは、さまざまなコンセプトに合わせた機内食詰め合わせをシリーズ展開しています。

Large 01

ANAの機内食販売「機内食総選挙 2位の逆襲」のひとつ赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ(乗りものニュース編集部撮影)。

 今回、そのシリーズのひとつ「機内食総選挙 2位の逆襲」を乗りものニュース編集部が入手しました。これは文字通り、ANAが例年実施している機内食総選挙で2位の商品を集めたセット。価格は税込み9000円で、3種が4食づつ、計12食入りで、メニューは次のようなものがあります。

●とろとろ玉子の鰻玉丼

 2017年和食部門で2位となったメニュー。ANAは「うなぎの蒲焼を柔らかく煮て、とろとろの玉子でとじました。うなぎと卵は、スタミナたっぷりで相性抜群の組み合わせ。しっかりとした甘辛味でご飯もすすみます」と説明します。

 実食した編集部員からは、「うなぎがちゃんと存在感があって『うなぎを食べてる感』がある」「うな重のように山椒の風味が効いていて、結構大人な感じ」「卵のフワフワ感が半端ない! ペース配分を間違えてうなぎを全部食べてしまっても、卵とご飯、あと1品足せば楽しめそう」といった声が聞かれました。

●三元豚の焼き肉重

 2013年和食2位となったメニュー。ANAによると「三元豚を醤油ベースの焼き肉タレで香ばしく焼き上げ、ご飯が進む味付けです。甘辛い焼肉と錦糸玉子でボリュームのある逸品となっております」とのこと。

 食べた編集部員は、「しっかり焼肉丼。万人向けに豚の臭みも少なくなるよう工夫が凝らされている気が……」「タレの量が多いのがテンション上がる。ちゃんとご飯にもタレが染み込んでいるのが嬉しい」「錦糸玉子のほか、半熟卵が入っているのもポイント高いと思います」との感想でした。

洋食もハイレベル! 禁断の組み合わせもしちゃいました!

●赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ

 2017年洋食部門で2位となったメニュー。「トマト・牛肉をたっぷりの赤ワインでじっくり煮込んだハッシュドビーフにペンネクリームソースを添えました。トマトの酸味とデミグラスの旨みが絶妙なハーモニー。シンプルだけど贅沢な味わいをお楽しみください」(ANA)だそう。

 編集部員からは「ブラウン系のルックスのわりに、トマトがガツーンとくるグッドソースです。『デミグラスじゃないのかよ!騙された!』となりました。いい意味で」「ナスがいいアクセントで、家では食べられないお店の洋食、みたいな感じがします。なによりソースが多いのが幸せ」「牛肉がソースのなかに隠れています。サイズは大きくはないですが、これが噛めば噛むほど味が出る系です」といった感想が聞かれました。

Large 02

ANAの機内食販売「機内食総選挙 2位の逆襲」の内容物(乗りものニュース編集部撮影)。

「ハッシュドビーフのソース+鰻玉丼のご飯で最強のオムハヤシができるんじゃ……?」と、20代部員は「勝手にコラボ」をやって、舌鼓を打っていました。彼は「1食の量が控えめだからこそ『家だからこそできるコラボ』を探すのもいいのかもしれませんね。なにせ1種類につき4食もありますので」と話します。

 ちなみにANAの機内食販売の最新ラインナップでは、6種のメニューを2食づつ、計12食とした「グルメターミナル」というセットの販売も開始されています。「鶏もも唐揚げ油淋鶏ソース」「大阪大黒ソースチキンカツカレー」「紅鮭の彩りご飯」などが含まれており、「機内食の発売以降初めて、6種のメニューとした」(ANA)とのこと。利用者から「色々な種類を食べたい」との声に応えたものとしています。

ジャンルで探す