使いみち超マルチ! イタリア戦闘機MC.200の知られざる奮闘inロシア ただし激烈に寒かった…

第2次大戦の前半、イタリアはソ連と戦うドイツを支援するため、東部戦線に6万人以上の大軍を送り込みました。そのなかには空軍の新型戦闘機MC.200も。1年半に渡りロシアの空で闘った知られざるイタリア戦闘機隊の奮闘をひも解きます。

北の大地に送り込まれたイタリア機

 2021年は第2次世界大戦における「バルバロッサ」、いわゆるドイツ軍のソビエト連邦(ソ連)への奇襲攻撃から80年の節目の年です。

 ドイツがソ連に侵攻を開始したのは1941(昭和16)年6月のこと。これを受け、イタリアの指導者ムッソリーニ統帥はドイツの同盟国としてソ連に対して宣戦布告し、ロシア戦線(東部戦線)への大規模な派兵を決定すると、総員6万2000名から成る「イタリア・ロシア戦線派遣軍」(C.S.I.R.)を編成し、7月にはウクライナ方面へ進軍を開始しました。

 C.S.I.Rは陸海空軍から成っていましたが、そのなかで戦闘機部隊として派遣されたのが、イタリア空軍第359、第362、第369、第371の4個飛行隊で編成された第22独立戦闘航空群でした。この部隊は空冷式のマッキMC.200型戦闘機51機を装備しており、1941(昭和16)年8月にクリミア半島に近いクリヴォイ・ログ基地へ到着しています。

Large 210811 mc200 01

東部戦線に到着してドラム缶から給油を受けるMC.200型戦闘機「サエッタ」。愛称は、矢や稲妻という意味。空冷エンジンの機首は、味方識別用に黄色く塗られている(吉川和篤所蔵)。

 MC.200型は1939(昭和14)年から生産が始まった新型機でしたが、常に進化し続ける米英機に対し、1941(昭和16)年ともなると最高速度500km/h程度という足の遅さや、12.7mm機関銃2挺のみという火力の弱さが露呈し始めていました。

 それでも格闘戦性能に優れていたため、それを活かせばソ連機相手にはまだ勝ち目があり、8月27日のロシア戦線における初陣では、地上を攻撃するソ連軍の編隊へ向けて9機のMC.200型が戦いを挑み、ソ連のI-16型戦闘機2機とSB-2型爆撃機6機を撃墜する戦果を挙げています。

 ただ、この初陣でI-16型戦闘機2機の撃墜を記録したのは、実は戦闘機隊ではありませんでした。

「返り討ちにしてやる」初撃墜を飾った意外な機体

 ロシア戦線に派遣されたイタリア空軍において、初の敵戦闘機の撃墜を記録した機体、それは記録映画の撮影用に改造されたMC.200型でした。これは主翼前縁に映画用カメラを取り付けた空軍航空映画部に所属する機体で、2機撃墜の記録は貴族出身で後に10機撃墜のエースとなるカルロ・マウリッツィオ・ルースポリ大尉の操縦によるものでした。

 前述した8月27日の空戦では、当初、ルースポリ大尉は友軍機の迎撃を記録撮影していたのですが、その最中にソ連のI-16型戦闘機2機の攻撃を受けます。大尉はカメラで重くなったMC.200型の機体を巧みに操縦して両機に逆襲、返り討ちにして撃墜したのです。

 この戦いで、ルースポリ大尉のMC.200型機も被弾して不時着したものの、このような反撃を行うことができたのは、MC.200型機が格闘戦を重視して設計されていたからこそといえるでしょう。

Large 210811 mc200 02

雪原の飛行場で左右主翼下に50kg爆弾を搭載して給油を受ける出撃前のMC.200型「サエッタ」の戦闘爆撃機仕様。左翼端上にはサルバトール型落下傘が見える(吉川和篤所蔵)。

 こうして、広大な南部ロシア戦線に展開して戦っていたイタリア戦闘機隊でしたが、地上部隊を支援する爆撃機や地上攻撃機は、本国にほど近い地中海や北アフリカ戦線で手一杯だったため彼の地に回す余裕がなく、増援として送り込まれることはありませんでした。そこでC.S.I.R.の前線基地では、MC.200型を戦闘爆撃機に改造し、対地攻撃にも用いていました。

 これはMC.200型の左右主翼下に爆弾を吊り下げるためのラックを装着したもので、これにより同機は戦闘機ながら、制空だけでなく哨戒、護衛、偵察、そして対地支援任務まで、いわば「マルチプレーヤー」として働き続けたのです。

戦果を挙げ続けた北の大地のイタリア軍

 このように、北の大地ロシアでソ連軍機を相手に戦っていたMC.200型ですが、実は大きな欠点がありました。それはパイロット達の要望により、試作機にはあった密閉式風防を量産機では廃止して開放式に“退化”していた点でした。これは灼熱の北アフリカ戦線では好都合でしたが、冬には上空気温がマイナス数十度に達するロシア戦線では致命的でした。

Large 210811 mc200 03

1941年9月、クリヴォイ・ログ基地における第22独立戦闘航空群第369飛行隊所属のMC.200型、ジュゼッペ・ビロン少尉機。機体には同少尉が考案した案山子(かかし)マークが見える(吉川和篤作画)。

 そうしたなか、1941(昭和16)年12月25日、第359飛行隊はハリコフ北東における地上進撃部隊(黒シャツ連隊)への支援攻撃で敵機5機を撃墜、さらに28日にはチモフェイエフカとポルスカヤ地区でI-16型戦闘機6機を含む9機を撃墜して味方の損失はゼロという戦果を挙げています。ただ、その後は冬期の悪天候が続いたことで約1か月に渡り出撃は中止されました。

 それでも出撃再開後の1942(昭和17)年2月4日と5日のカルナイ・リマン基地への地上攻撃では、地上にいた敵機21機を破壊、さらに数の上で10対1にもなる空中戦でも、5機撃墜の勝利を手にしています。ちなみに、後に総撃墜数8機のエースとなり、第369飛行隊のマークを考案したジュゼッペ・ビロン少尉は、この時期に4機撃墜を記録するほどでした。

 しかし、前年からの戦闘で7名以上のパイロットを失っていた戦闘機隊の消耗はピークに達します。そして5月には新たにMC.200型18機を持って到着した第21独立戦闘航空群に任務を引き継ぎ、第22独立戦闘航空群は機材を残して本国に帰還したのでした。

 どうしても第2次世界大戦のイタリア軍というと、地中海や北アフリカ戦線のイメージが強いものです。それら主戦場と比べると、ロシア戦線は小規模だったものの、イタリア戦闘機隊は圧倒的な機数差と苛酷な自然条件の中、旧式化していたMC.200型戦闘機で善戦し、少なくない戦果を挙げていたといえるのではないでしょうか。

ジャンルで探す