新型コロナ 最新の感染状況や対応は

「駅間距離最短級」な筑豊電気鉄道・西黒崎駅「4年程度休止」へ 国道3号工事に伴い

駅間距離の短い名所がしばらく見納めになります。

道路工事に伴う安全確保で

Large 210721 kurosaki 01

筑豊電気鉄道3000形電車(乗りものニュース編集部撮影)。

 筑豊電気鉄道は2021年7月30日(金)、西黒崎駅を10月1日(金)から4年程度休止すると発表しました。付近で国道3号の黒崎バイパスの建設工事が行われるのに伴う措置です。

 西黒崎駅は、起終点である黒崎駅前駅の隣駅で、両者間の距離は約200mほどしかなく、途中にカーブがあるものの互いにホームを視認できるほど。また、もうひとつの隣駅である熊西駅との間隔も、約400mと短いものです。もともと西黒崎駅はバスターミナルの最寄り駅でしたが、その機能は2002(平成14)年に黒崎駅構内に移転したため、1日の乗降人数は2019年度で平均151人と少なくなっていました。

 今回の営業休止に伴い、定期券の区間を西黒崎駅から熊西駅に変更となる場合、差額の払い戻しが行われます。黒崎駅前駅までに変更する場合は追加運賃の支払いは不要です。

※一部修正しました(7月20日17時40分)。

ジャンルで探す