一般ボランティア受け入れ不可なぜ? 熱海 土石流被害の今 不安解消する県の秘策とは

熱海市で発生した大規模土石流により、海沿いの国道が寸断されるなど大きな被害が発生しています。二次災害の危険もあることから、ボランティアの調整もついていません。現地はどのような状況なのでしょうか。

海沿いの国道135号が県境付近まで通行止め

 静岡県熱海市伊豆山で2021年7月3日(土)に発生した大規模土石流、その被災地は急峻な斜面に海を臨む風光明媚な住宅地でした。昭和時代の輝きに包まれた日本を代表する観光地“熱海”の危機に、一般ボランティア希望者は3100人を超えています(7月10日現在)。ただ、二次災害の恐れもあるため、受け入れ態勢が整っていないのが現状です。

 一方、観光地としての熱海は、宿泊キャンセルが相次いでいます。苦悩に手を差し伸べたい、熱海に行きたい、それぞれの人のために独自の視点で熱海市土石流被害の“今”をお伝えします。

Large 210712 atami2 01

国道135号、熱海市中央町の通行止め現場。2021年7月8日(中島みなみ撮影)。

 伊豆山地域の一般道を除き、土石流でいちばん大きな被害を受けている道路は国道135号線です。神奈川県小田原市から静岡県下田市を結ぶ海沿いの一般道で、総延長約105kmのうち、神奈川県湯河原町(湯河原温泉入口)から熱海市中央町(中央町交差点と東海岸町交差点の中間)までの約6km、県境から熱海市役所がある市内の中心地まで通行止めが続いています。

 しかし、市内が広範囲に被害を受けているわけではありません。規制区間を最短に設定すると、海沿いの1本道のためUターンさせることになるので、う回ルートを考慮した結果、規制区間が長くなったのです。

 JR熱海駅から市役所にかけて広がる市街地の道路は、いつもとまったく変わらず通行できます。伊豆山地区には多くの緊急車両が入り、今も行方不明者の捜索が続いていますが、観光客が途絶えた市街地は想像できないほど静かで穏やかです。

 同じ熱海市でもこれだけの違いがあることは驚きでした。

 ただ、通行止めによる山越えは、有料道路の伊豆スカイラインなどを利用して1時間ほど必要なので、熱海市を通過する移動は、かなり不自由です。現状では周辺地域から伊豆半島に入る場合には山越えが必要です。近隣の伊豆市は東京2020大会自転車競技の会場にもなっています。広域の迂回ルートを考えておく必要があります。

精度の高い土石流情報を静岡県が手にしている心強さ

 7月8日(水)、赤羽一嘉国土交通大臣の被災地視察に同行した難波喬司静岡県副知事が携えていたのは、3次元点群データに基づく被災地の地形差分図でした。

「今、確実に言えるのは、2020年1月と2021年7月5日のデータで地形を比較すると、(崩落が始まった場所では)5万5500立米(立方メートル)減っている。(その下にある)砂防ダムでは7500立米増えている。その差の4万500立米が下流域に落ちたと考えられる」(難波副知事)

 巨大地震などの災害に備えて、静岡県は3次元点群データの取得を積極的に進めてきました。

「静岡県は20×20cm四方の点に緯度・経度・標高のデータがとってあって、地形はその3次元の点をブロック状に重ねて表すことができる。過去と現在の差分をとれば、地形がどうなっているか、すぐにわかる」(同前)

 地形や構造物を立体的に把握する3次元点群データは、自動運転に欠かせないダイナミックマップ(高精度3次元地図データ)に応用でき、県はその取り組みも進めていました。蓄積されたデータ量は全国一。誰でも利用できるようにオープン・データ化されているほか、県交通基盤部は伊豆半島の3次元点群データをYouTubeでも公開しています(「VIRTUAL SHIZUOKA ~3次元点群データでめぐる伊豆半島~」)。

 こうしたデータの検証をしながら、災害復旧は進んでいます。

「規模が大きいので、残っている土砂が落ちて、再度の災害にならないよう抑えることが大事。今のところ大規模崩壊するように見えないが、累積400mmという雨が降った場合にどうなるかわからないので、解析をやらないといけない」(同前)

 さらに静岡県は2009(平成21)年以前の地形を推定するために、2005(平成17)年から現在までの写真や映像などの情報提供を県ホームページのメールで求めて、崩落原因の究明に役立てようとしています。

Large 210712 atami2 02

3次元点群データによる地形差分図で土石流の流量を説明する難波副知事。5万5000立米の土石流が流れ、7500立米は砂防ダムに留まったとの推定(中島みなみ撮影)。

 依然として災害の危険が去ったわけではありませんが、市内全域が心配なわけでもありません。

 熱海市の齊藤 栄市長は「特に夏の観光シーズンで経済が成り立っているので、経済が止まらないよう丁寧な情報発信を心がけていきたい」と話しています。

 熱海が気になる人は、被災以外の面にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

ジャンルで探す