感染再拡大の地域も 新型コロナ最新情報

「墓地電車」から始まった阪急千里線100年の激変 一時「京阪電車」だったことも 続く進化

阪急電鉄の千里線が開業100周年を迎えました。開発の経緯から「墓地電車」とも呼ばれていたこの路線は、その後「万博の会場輸送」「日本初の自動改札機導入」など、他の路線にはない数々の「日本初」を経験しつつ今に至っています。

前身は別会社、「墓地電車」とも

 大阪市街と北の千里ニュータウンを結ぶ阪急千里線が、1921(大正10)年に最初の区間が開業してから100周年を迎えました。様々な記念イベントは新型コロナウィルスの影響で大幅な縮小を余儀なくされましたが、阪急電鉄ではヘッドマーク掲出やグッズの発売などで、ささやかながら祝賀ムードを醸し出しています。

 100年前に開業したのは、現在の京都線の区間を含む十三~淡路~豊津間(半年後に千里山まで延伸)です。このときは阪急ではなく、北大阪電気鉄道という別会社の路線でした。この北大阪電鉄、当時は「墓地電車」とも呼ばれていました。

Large 210614 senri 01

千里線の終点、北千里駅(宮武和多哉撮影)。

 現在の千里線やニュータウンがある場所は、100年前には広大な森や竹藪が広がるのみだったといいます。当時、北大阪電鉄は千里山駅の北側に10万坪もの公園墓地を計画していたほか、もともと里山で墓地も多かったことが、墓地電車なる異名の由来です。

 霊園と鉄道といえば、同時期にはニューヨーク・ウッドローン墓地への地下鉄乗り入れがあったほか、東京では多摩鉄道(現・西武多摩川線)の多摩墓地前駅(現・多磨駅)が霊園の分譲と鉄道の乗客増に貢献するなどしており、この時代におけるビジネスモデルのひとつだったといえます。

 しかし北大阪電鉄の場合、公園墓地の計画をほどなくして宅地開発へ変更し、イギリスのレッチワースをモデルとした「千里山住宅地」の整備を進めました。結果、住環境を求め大阪の中心部から移転する人で、瞬く間に区画が埋まっていきます。

 北大阪電気鉄道は阪急(当時は阪神急行電鉄)と十三駅で接続していたこともあり、車両保守を委託するほど密接な関係を保っていました。しかし延伸計画でもたついているうちに、淀川北岸への進出を目論んでいた京阪電気鉄道が、仲介役として五島慶太(のちの東急グループ総帥)を擁立して同社の買収にかかります。

 その後、京阪電鉄がグループ会社として設立した新京阪鉄道へ北大阪電鉄の路線が譲渡され、新京阪により路線も延伸したことで、いまの千里線・京都線の原型が完成しました。戦時中には阪急・京阪の統合が図られたため、戦後、京阪は改めて独立しましたが、千里線を含む京都線系統は阪急の路線となり現在に至っています。

ニュータウン、万博、そして「自動改札を育てた街」 鉄道史に刻む功績

 昭和30年代前半までの千里線はまだまだ自然も多く、戦前に特急として活躍した“お古”電車が、車内での会話もおぼつかないほどの爆音を立てて走っていたのだとか。その中でも阪急は千里山から新千里山(現・南千里)を経て、箕面線の桜井駅までを結ぶ新線の検討を始めますが、「千里ニュータウン」の計画がもちあがったことで延伸先は変更され、北上して北千里に至る現在のルートに落ち着きました。

 こうして1967(昭和42)年に開業した終点・北千里駅は、自動改札機が日本で初めて本格実用化された駅としても知られ、構内には当時の様子を伝える銘板が設置されています。

 今でこそ珍しくないこのシステムですが、当時、ほかの駅では駅員による手動改札が主役で、改札待ちでなかなか駅に入れないことが社会問題となっていました。試験導入としては近鉄(近畿日本鉄道)が先んじたものの、北千里駅が開業した際はポスターに「我が国ではじめての出改札の自動化駅」の文言が大きく記され、その成否に鉄道業界の注目が集まっていたといいます。

 とはいえ、そのポスターの下に「ご協力ください」との文言がある通り、動作トラブルも多く、中には明らかに手動改札の方が早いような局面も多々あったようです。しかし、最先端の住宅設備に囲まれ、「日本初のニュータウン」でもあった千里ニュータウンの人々からのクレームは不思議と少なかったのだとか。

 開発・導入を担当した立石電機(現・オムロン)と阪急電鉄の二人三脚で長らく試行錯誤が続けられ、その間に「改札通過時間の平均」「運賃計算の判定」など膨大なデータが蓄積され、改善が図られたそうです。

Large 210614 senri 02

北千里駅の先に延びる留置線は、万博輸送時にも活用されたという(宮武和多哉撮影)。

 1970(昭和45)年には、千里丘陵で「日本万国博覧会」(大阪万博)が開催され、千里線は北大阪急行線などとともに「万博輸送」を担いました。半年の会期中に6421万人もの入場者を記録した万博に際し、阪急は臨時駅「万国博西口駅」(現在の山田駅近く)を開設します。そこには梅田など関西各地から「エキスポ準急」「エキスポ直通」などがひっきりなしに発着し、およそ900万人が利用したといいます。

現在の一大プロジェクトは淡路駅高架化、でも変わらない「30円でジュースが買える街」

 ニュータウン開発や大阪万博に応えて形成された千里線では、現在、京都線との乗換駅である淡路駅の連続立体交差(高架化)事業が2027年度末の完成を目指して進められています。同駅から4方向に延びている路線は、いずれも駅進入時にスピードを落とすため、周囲の踏切の遮断時間が長く、これを解消する高架化は長年の悲願でもありました。

 新しく姿を見せつつある淡路駅は、地上階、改札階、上り線ホーム階、下り線ホーム階の4層で構成される高さ30mの高架駅になる予定です。千里線と京都線の相互乗り入れを行うための渡り線も設置されるほか、淡路駅の東側を抜けるJRおおさか東線と高架どうしで立体交差するなど、周囲に次々と完成しつつある構造物は巨大な空中都市を見ているかのようです。

 先立って千里線の隣駅である下新庄駅周辺の高架化も進んでいるほか、淡路駅近辺でぷっつり途切れていた都市計画道路(歌島豊里線)も整備されているため、クルマや歩行者、自転車の流れも劇的に改善されそうです。また柴島駅の西側には2012(平成24)年に「淀川キリスト教病院(通称:淀キリ)」が移転開業していますが、周辺道路の整備による救急車の到着時間短縮が一番の朗報でしょう。

Large 210614 senri 03

淀川を渡る阪急電車(宮武和多哉撮影)。

 一方、下新庄駅の北側では、旧北大阪電鉄が東海道線の経路変更による路盤の払い下げを受けたころから残っていた新神崎川橋梁の橋脚が、工事の影響でひっそりと姿を消しました。

 しかし下新庄付近の街は今も変わらず、路地裏には30円からジュースが買える自動販売機や、洗濯ばさみで麺の量を知らせるマシマシ系のラーメン屋さんなどが、高架化と関係なくひっそりと息づいています。

 また戦後に延伸された区間では、南千里駅にぽつんと残るホームを増設できる空間や、北千里駅の先に続くスペースなど、揺れ動いた延伸構想の名残があちらこちらに。駅に降りて終点を訪れるだけでなく、阪急バスに乗り継いで「千里線が延伸していたかもしれない街」を眺めてみるのも良いかもしれません。

※一部修正しました(6月21日13時10分)。

ジャンルで探す