4都府県の緊急事態宣言延長 愛知・福岡も追加

京奈和道「橿原JCT(仮)」2026年度開通へ R24大和高田バイパス直結で渋滞緩和

御所方面から南阪奈道路への移動がスムーズに。

橿原市内の渋滞箇所が緩和

Large 210430 keinawa 01

先行開通予定の橿原JCT(仮)(画像:国土交通省)。

 国土交通省 近畿地方整備局は2021年4月27日(火)、管内で進められている道路事業の開通見通しを発表しました。その中で、京奈和自動車道 大和御所道路の「橿原JCT(仮)」について、開通見通しを2026年度としています。

「橿原JCT(仮)」は橿原市新堂町の国道24号大和高田バイパスとの交点に設置されます。現在、大和御所道路はこの交差点周辺が未開通で、すぐ南の橿原高田ICからの交通流入により、渋滞が多発するボトルネック区間となっていました。

 2026年度に先行開通するのは、京奈和道の和歌山方面と国道24号(および先にある南阪奈道路)の大阪方面とを結ぶ部分で、地上に下りることなく乗り継ぎができるようになり、現道の渋滞緩和が期待されます。

 京奈和道は近畿圏の広域的な外郭環状道路として整備が進められ、事業中である京都府の城陽JCT・IC~和歌山市の和歌山IC間の大部分が開通。残るは「大和北道路」の名称の木津IC~大和郡山IC間の12.4kmおよび「大和御所道路」のうち橿原北IC~橿原高田IC間の4.4kmを残すのみとなっています。2区間とも工事が進行中ですが、開通見通しはまだ発表されていません。

ジャンルで探す