新東名~中央道つながる! 国道138号「御殿場バイパス」「須走道路」4月開通

新東名の新御殿場ICにつながります。

東富士五湖道路と新東名が自動車専用道路でつながる

Large 210219 r138bp 01

国道138号「御殿場バイパス(西区間)」のぐみ沢IC付近。2020年12月25日撮影(画像:国土交通省中部地方整備局)。

 NEXCO中日本と国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所、静岡県は2021年2月19日(金)、国道138号「須走道路」の須走口南IC~水土野IC間と、それに続く「御殿場バイパス」の水土野IC~ぐみ沢IC間(西区間)の計5.2kmが4月10日(土)に開通すると発表しました。

 須走道路、御殿場バイパス(西区間)とも自動車専用道路です。須走道路は、山梨県の富士吉田ICと静岡県の須走ICを結ぶ東富士五湖道路に接続し、さらに御殿場バイパス(西区間)につながります。御殿場バイパス(西区間)は、途中の仁杉JCTから分かれる支線が、同じく4月10日(土)に開通する新東名高速の新御殿場ICにつながります。これにより、中央道~東富士五湖道路~須走道路~御殿場バイパス~新東名がつながり、広域道路網が形成されます。

 国道138号は、富士吉田から山中湖、御殿場、箱根を経由し小田原に至る道路です。バイパスが新たにできる今回の区間を中心に、生活と観光の交通が重なり渋滞が発生していますが、今回の開通により、静岡~山梨間の交通がバイパスへと移り、渋滞緩和が期待されるといいます。

 今回の開通区間は暫定2車線(片側1車線)です。途中には水土野IC、仁杉JCTが設置されます。

 また、同じく4月10日(土)には、ぐみ沢ICと新御殿場ICを結ぶ県道仁杉柴怒田線と、それに接続する国道469号バイパスも開通する予定です。

ジャンルで探す