6都府県に緊急事態宣言 5月31日まで

なぜ多い? 駅弁「とりめし」「かしわめし」 九州から全国へ 100年ベストセラーも

全国の駅弁で一定の勢力を占めているのが、いわゆる「とりめし」で、とりわけ九州では「かしわめし」の名で昔から親しまれています。鶏、玉子、海苔の3色に彩られたとりめし・かしわめし、なぜ駅弁でポピュラーになったのでしょうか。

全国に「とりめし」 九州は「かしわめし」

 全国には約2000種類の駅弁があり、それぞれ肉や魚などさまざまな食材を用いつつ、味や見た目で楽しませてくれます。そのなかで、多くの駅弁販売店において定番に君臨しているのが、ご飯の上を鶏肉、玉子、刻み海苔の3色で彩った「とりめし」ではないでしょうか。

 一見してシンプルに思える「とりめし」ですが、実は各社ごとにさまざまな工夫が凝らされています。ご飯を炊く際に使うダシの取り方も各社で違い、鶏肉の部位の選択から、味付けや身のほぐし方など、各社とも千差万別。3色の盛り付け方も、トリコロール状のものやストライプ状のものもあり、見た目のバリエーションもさまざまです。

Large 201130 tori 01

全国の「とりめし」「かしわめし」駅弁(宮武和多哉撮影/作成)。

 とりわけ九州地方では一般的に「かしわめし」と呼ばれ、島内全域に広く分布しています。なかでも福岡周辺では、小倉、折尾、博多、鳥栖といった主要駅でそれぞれ個性を持ったかしわめしが販売され、揺るぎないファン層を獲得しています。

「かしわめし」のみならず、福岡県では「水炊き」「博多やきとり」「がめ煮(筑前煮)」などさまざまな鶏料理を見かけます。1世帯当たりの鶏肉消費額は、全国の主要54都市中で福岡市が1位(2017~2019年、総務省調べ)を記録するなど、その食べ方をもっとも心得た地域と言えるでしょう。

 このような福岡周辺の「鶏」文化、そして「かしわめし」駅弁が九州で多く広まっていったのには、歴史的な理由がありました。

300年前からブランド鶏が? 九州と「鶏肉」の切り離せない縁

 福岡周辺で鶏食の文化が広まったきっかけは江戸時代中期、享保年間に起こった大飢饉で財政が悪化した福岡藩(黒田藩)が、農家や下級武士にニワトリの飼育を推奨したことにありました。養鶏で藩の財政を立て直す政策じたいは他の藩でも行われていたことですが、福岡藩では貿易港・博多に入った軍鶏(シャモ)など外来種との交配で品種改良が行われたり、長崎から西洋の食文化の情報が入ったりしており、物流・情報面で他藩よりかなり有利だったと言えます。

 品質の良い卵は国名を冠した「筑前卵(宗像卵)」として上方(大坂)などに出荷され、また博多に集まったノウハウによって、肉・卵ともにさまざまな調理法が普及していきました。博多の夏に欠かせない「博多祇園山笠」(2020年は開催見送り)は神社の奉納行事であるため、いまでも前日に四つ足の動物(牛・豚など)ではなく鶏肉でスタミナをつける「かきて」(山笠を担ぐ人)もいらっしゃるのだとか。また福岡市内にはニワトリを御神体として祀る「鶏石(けいせき)神社」もあるなど、この地と鶏食の関係の深さを伺わせます。

Large 201130 tori 02

鳥栖駅「復刻版かしわめし」弁当(宮武和多哉撮影)。

 これだけ鶏料理が身近にある環境で、鶏料理の駅弁が開発されるのは、ある意味必然だったのではないでしょうか。鶏肉・卵・刻み海苔による現在のような3色タイプの駅弁の起源は、1913(大正2)年に鹿児島本線 鳥栖駅で発売した「光和軒」(現在の「中央軒」の前身)の「かしわめし弁当」にあると言われます。その後1921(大正10)年に折尾駅の「かしわめし」が発売されるなど、そのスタイルは時間をかけて九州一円に広がっていきました。

 しかし同じ3色のかしわめし弁当でも、各社ごとに「旨味と歯ごたえを味わうため飼育日数が長い鶏の肉を使う」(折尾駅 東筑軒)、「煮た鶏ささみをスライス状にして並べる」(西都城駅 せとやま弁当)、「煮卵付き」(北九州駅弁当)、「刻み海苔のかわりに椎茸の煮物」(宮崎駅弁当「元祖椎茸めし」)など、個性を挙げていくとキリがありません。

「パリ出店」も 日本のみならず世界に広がる

 2018年には、一度は幻の味となった博多駅「かしわめし弁当」の復活が話題を呼びました。これは2010(平成22)に廃業した駅弁業者「寿軒」の末永直行会長(2019年死去)から申し出を受けた広島駅の「ひろしま駅弁」が、福岡市に子会社を設立してまで手がけたもので、古くからの絆が伝統の駅弁を復活に導いたと言えるでしょう。

 九州以外で見ると、福岡と距離的に近い山口線 津和野駅(島根県)の「かしわめし弁当」が九州と似たスタイルを踏襲しています。群馬の高崎駅「鶏めし弁当」も、九州出身の創業者が開発しただけあって一見似ていますが、卵がない代わりに肉が多めで、しっかりした味付けや添えられた赤玉こんにゃくなど、上州の地ならではのアレンジが見られます。

 ブランド鶏「名古屋コーチン」の産地である名古屋でも、さまざまな鶏肉を使った駅弁が展開されていますが、そのなかでも名古屋駅で販売されている松浦商店の「とり御飯」(現在は「天下とり御飯」)は、小松左京氏のSF小説「首都消失」の冒頭にも登場したことで知られています。作者も大好物だったというこの駅弁をいただく前に、作品を一読して「このあと首都圏と連絡が取れなくなるのか」と感じながら作中の世界に入るのも良いかもしれません。

Large 201130 tori 03

名古屋駅「天下とり御飯」(宮武和多哉撮影)。

 他に代表的な「とりめし」駅弁としては、新宿駅「とりめし弁当」(かつて販売されていた「新宿田中屋」の復刻版)や、中央本線 塩尻駅(長野県)の「とりめし梓」(多量の野沢菜入り)などが挙げられます。また、オーソドックスな3色タイプとは異なるものの、ごぼうなどの根菜を炊き込んだ上に鶏肉の煮込みを乗せた奥羽本線 大館駅(秋田県)の「鶏めし弁当」を手掛ける花膳は、2019年、フランス・パリに路面店を出店したことでも話題を呼びました。

 それぞれ業者ごとに工夫がなされた「とりめし」「かしわめし」駅弁は、地域の好みによって違う味の濃さ・調理法など、多様性を持つ食の文化のバロメーターと言えるかもしれません。出先の駅で見かけた際は、それぞれの個性を楽しむのも良いのではないでしょうか。

ジャンルで探す