緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

埼玉県初の「燃料電池バス」 12/1運行スタートの西武バス版「SORA」を見てきた

埼玉県初となる燃料電池バスの路線運行が2020年12月1日から始まります。それを前に、導入会社のひとつ西武バスが燃料電池バスの報道公開を実施。従来のバスとはだいぶ違いました。

大規模災害時は発電設備にもなる最新の路線バス

 西武バス(埼玉県所沢市)は2020年11月25日(水)、新たに導入したトヨタの燃料電池バス「SORA」の報道公開を行いました。

Large 201125 seibubus 01

西武バスの渡邊一洋社長と燃料電池バス「SORA」(2020年11月25日、柘植優介撮影)。

 燃料電池バスは、燃料電池自動車と同様、搭載した燃料電池で発電し、電気の力で走るバスです。発電は充填した水素と酸素の化学反応によって行われるため、ガソリンやディーゼルエンジンのように二酸化炭素を含む排気ガスを出すことがなく、環境負荷が低いのが特徴です。

 実際に運転した西武バスの社員によると、加速が良く走り出しが非常にスムーズで、かつ変速ショックもないといいます。音も静かで、乗り心地も良さを感じてもらえるのではないかとのこと。

 ちなみに、燃料電池自動車と同じように、燃料電池バスも自車で発電した電気を分配できるよう、車体後部に配電装置を備えていました。西武バス広報の話によると、これは大規模災害が発生した際などに使用するのではないかということです。

 西武バスは2020年12月1日(火)から、所沢営業所管内の「所52」系統(所沢駅東口~志木駅南口)および「所55」系統(所沢駅東口~東所沢駅)の2系統で運行を始める予定です。また2日後の12/3(木)には東武バスウエストも同様に「SORA」の運行を開始します。

 埼玉県内の路線バスに燃料電池バスが導入されるのは、今回が初めてになりますが、燃料電池バス自体は、2018年の都営バスを皮切りに、京急バスや東急バス、京成バスなどでも運行されています。

 西武バス広報の話によると車両は6年間のリースであり、その間、水素の価格など様々な状況を見極めながら、車両の増備や再リースなどを勘案していくとのことです。

ジャンルで探す