『A列車で行こうExp.+ コンプリート』登場 私鉄14社や近鉄・西武などの新規8種も収録

アートディンクから、PS4専用の都市開発鉄道会社経営シミュレーションゲームソフト『A列車で行こうExp.+ コンプリート』が発売。『Exp.』『Exp.+』の内容に加え、私鉄14社や多数の新規車両が収録されています。

『Exp.』と『Exp.+』の内容に未収録&新規車両を追加

 アートディンクは2020年7月13日(月)、新規車両などを追加したプレイステーション4(PS4)専用のダウンロードソフト『A列車で行こうExp.+ コンプリート』を新たに発売すると発表しました。

Large 200702 aexppcomp 01

『A列車で行こうExp.+ コンプリート』で加わった近鉄80000系「ひのとり」(画像:アートディンク)。

『A列車で行こう』シリーズは、都市開発、鉄道運営、会社経営の3要素を併せ持つ、都市開発鉄道会社経営シミュレーションゲームです。プレイヤーは鉄道会社の経営者となり、線路を敷いてダイヤを設定し列車を走らせ、都市を発展させていきます。

 2017年にPS4専用ソフト『A列車で行こうExp.』が発売。2019年には機回し、連結、車両などの要素が加わった『A列車で行こうExp.+』が登場しました。

 今回の『A列車で行こうExp.+ コンプリート』は、『Exp.』とそのアップグレード版である『Exp.+』の内容を網羅し、さらに『A列車で行こう9 Version5.0 ファイナルエディション』に収録されている私鉄14社の車両や、多数の新規車両も収録されています。

『A列車で行こうExp.+ コンプリート』で加わった新規車両は

 今回収録の私鉄車両は大手の京阪や京急、東急、名鉄、南海、西鉄をはじめ、北越急行、名古屋市交通局、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)といった地方私鉄、第三セクター、公営も含まれます。

 新規車両はえちごトキめき鉄道122形1000番台「雪月花」、小田急70000形ロマンスカー「GSE」、近鉄80000系「ひのとり」、京王(新)5000系「京王ライナー」、西武001系「ラビュー」、東京メトロ2000系丸ノ内線、西鉄3000形「水都」、叡山電鉄700系「ひえい」の8種です。

Large 200702 aexppcomp 02

『A列車で行こうExp.+ コンプリート』で加わった西武001系「ラビュー」(画像:アートディンク)。

 今回追加の車両37種類を展示できる「鉄道博物館C」も登場。これまでの「鉄道博物館」と並べると、本作に収録の270種すべてが並んだ光景を楽しめます。

『Exp.+ コンプリート』の価格は8800円(税別)、『Exp.』から『Exp.+ コンプリート』にバージョンアップするための『Exp.+ アディショナルキット』は4200円(税別)、『Exp.+』から『Exp.+ コンプリート』にバージョンアップするための『Exp.+ 車両追加キット』は1200円(税別)。いずれも販売は、7月15日(水)昼頃からダウンロードのみです。

ジャンルで探す