関西空港、施設利用料などを最大50円値上げ 消費税率アップで10月に料金改定

2019年10月に消費税率が8%から10%に引き上げられることを踏まえ、関西空港の旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料が改定されます。

航空運賃と合算して支払い

 関西空港を運営する関西エアポートは2019年8月9日(金)、消費税率の引き上げに伴い、10月1日(火)に関西空港の旅客サービス施設使用料などを改定すると発表しました。

Large 190815 kix 01

関西空港第1ターミナル。写真はイメージ(画像:写真AC)。

 消費税率が8%から10%に引き上げられることを踏まえ、旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料は、現行から10円~50円アップします。例えば、第1ターミナルから国際線に乗る場合の大人1人の旅客サービス施設使用料は、2780円(現行2730円)となります。料金は、航空券購入の際に航空運賃と合算。1日以降に発券した利用者から、新料金が適用されます。

 なお旅客サービス施設使用料の「子ども料金」の適用は、ターミナルと行先により変わります。第1ターミナルを使用する場合、国際線は子ども用の割引航空券の利用者に、国内線は航空券の種別に関係なく12歳未満に、子ども料金が適用されます。第2ターミナルを使用する場合、子どもの料金設定はありません。なお、いずれのターミナルも、国際線で航空券を使用しない2歳未満の幼児と国内線で航空券を使用しない3歳未満の幼児は無料です。

ジャンルで探す