車内で対局! バンド生演奏も!「囲碁列車・碁縁列車・音楽列車」三陸鉄道で運転

リアス線の全区間を走ります。

Large 190424 santetsuigo 01

リアス線の宮古~釜石間を走る試運転列車(2019年2月、草町義和撮影)。

 岩手県の太平洋沿岸を走る三陸鉄道は2019年4月24日(水)、大船渡市(岩手県)を中心に開催される「囲碁まつり」の一環として、「囲碁列車・碁縁列車・音楽列車」を運転すると発表しました。

 5月10日(金)に久慈(9時50分発)から盛(14時30分着)まで、リアス線の全区間を走ります。列車は3両編成です。

「囲碁列車」は乗客による交流対局やプロによる囲碁指導・入門講座を行います。「碁縁列車」は独身男女で対局が可能。「音楽列車」はバンドの生演奏を楽しめます。

 列車は、囲碁をやらない人でも利用可。また、宮古駅からも乗車できます。料金は無料。定員は70人です。乗車希望者は、三陸鉄道旅客営業部に電話で申し込みが必要。締め切りは5月3日(金)です。

ジャンルで探す