阪急の観光特急「京とれいん」に2編成目 「雅洛」2019年3月デビュー

阪急京都線に観光特急「京とれいん」の2編成目「京とれいん 雅洛」が登場します。

7000系電車を改造

 阪急電鉄は2018年12月7日(金)、観光特急「京とれいん」の2編成目として、「京とれいん 雅洛(がらく)」を2019年3月に導入すると発表しました。

Large image1

7000系電車の「京とれいん 雅洛」(画像:阪急電鉄)。

 7000系電車6両を改造。1両ごとに季節を定め、各車両の外観や車内を異なるデザインにします。大阪方の1号車から順に、秋(カエデ)、冬(竹)、春(桜)、夏(葵)、初秋(ススキ)、早春(梅)です(カッコ内は外観の植物)。

 コンセプトは「ご乗車されたときから京都気分」。現行「京とれいん」のイメージを継承しつつ、雅(みやび)な都へ向かう列車として「雅洛」としいう造語を付けたといいます。

「京とれいん 雅洛」は普通運賃のみで乗車できます。予約も不要です。2019年1月19日(土)のダイヤ改正以降、従来の「京とれいん」は快速特急Aとして、3月デビュー後の「京とれいん 雅洛」は快速特急として運転されます。快速特急Aはダイヤ改正で新設される種別で、途中は淡路、桂、烏丸に停車します(従来の快速特急が停車する十三はホームドア設置のため通過)。

「京とれいん 雅洛」の車内では、走行中の列車の前方映像をリアルタイムで配信。乗客は車内Wi-Fiで展望映像ページにアクセスし、その映像を楽しめます。

ジャンルで探す