首都高の途切れた橋「羽田可動橋」とは 羽田付近に佇む謎の構造物、「動く」日は来るのか

羽田空港の近くに、かつて首都高の一部として使われ、現在は途切れた状態となっている橋があります。「羽田可動橋」といい、その名の通り橋桁が動き、1本の橋としてつなぐことが可能。そもそもどのような役割の橋で、再び稼働する日は来るのでしょうか。

トンネルの本線に沿って橋が設けられたワケ

 羽田空港と都心をつなぐ首都高1号羽田線を走っていると、空港西入口~昭和島JCT間(東京都大田区)で海老川の下をくぐる羽田トンネルを通行します。じつは、これに並行して地上部には、部分的に途切れた橋が設けられています。

Large 180528 hanedab 01

海老取川の河口にある首都高の「羽田可動橋」(画像:首都高速道路)。

 これは「羽田可動橋」。河川内の南北両側にある2本の橋脚上に、それぞれ橋桁(はしげた)が川に対し平行になっていますが、この橋桁を旋回させ、1本の橋として連結させることが可能です。

 この橋は1990(平成2)年、川の南側に位置する空港西入口から、昭和島JCT方面の本線へ合流するランプウェーの一部として設けられました。首都高速道路によると、目的は「湾岸線が開通するまでの渋滞対策」とのこと。湾岸線が未開通だった当時、1号羽田線の羽田トンネル付近ではしばしば渋滞が発生しており、空港入口(現・空港西入口)から入ったクルマがトンネルを経由せず本線に合流できるよう、迂回路として設けられたのです。

 しかし、そもそもなぜ「可動橋」、なかでも橋桁が旋回する「旋回橋」として設けられたのでしょうか。首都高速道路にさらに詳しく話を聞きました。

――なぜ旋回橋として設置したのでしょうか?

 当時、海老取川の上流にあった製鋼所へ行き来する船舶のために桁下の空間を確保すること、そして、羽田空港の航空制限を侵さない必要があったことから、(橋桁が跳ね上がる跳開橋や、橋桁が上下する昇開橋などではなく)旋回橋としました。

運用停止から20年、稼働する日は来る!?

――なぜ使われなくなったのでしょうか?

 1994(平成6)年の湾岸線開通後(当時、本牧ふ頭以南は未開通)、羽田トンネル付近の渋滞がほぼ解消され、1997(平成9)年12月の東京湾アクアライン開通後も、渋滞が発生していないことから、1998(平成10)年に運用を停止しました。

――現在、橋は使われているのでしょうか?

 現在、道路としては使用されておりませんが、撤去費用や今後の利用の可能性を考慮し、撤去しておりません。

※ ※ ※

 現在、空港西入口から羽田可動橋へ通じる分岐路は閉鎖されており、上り本線へは羽田トンネル手前で合流するようになっていますが、可動橋の運用当時も、船舶が通るため橋が開く際には、現在と同様に羽田トンネル手前での合流に切り替えられました。橋桁の旋回時間は約10分で、作業時間としてはこれに準備時間と最終確認作業の時間が加わったそうです。

Large 180528 hanedab 02

羽田空港島の対岸から見た「羽田可動橋」(画像:photolibrary)。

 ちなみに、開通から50年以上を経た1号羽田線では、一部区間で「造り替え」を含む大規模更新工事を行っています。首都高速道路によると、羽田可動橋における「今後の利用の可能性」として、こうした大規模更新工事にともなう迂回路の確保などが考えられるそうです。

【写真】いまや幻、閉じた状態の「羽田可動橋」

Large 180528 hanedab 03

空港西入口のランプウェーとして運用されていた当時の羽田可動橋(画像:首都高速道路)。

ジャンルで探す