そうだ北海道、行こう これはすごい、東急とJR東日本の観光列車が「北海道」で運行

東急・JR東日本の名物観光列車が北海道エリアを特別運行

 えぇ!? 東急の観光列車が「JR北海道エリア」を走るの?──。現代ではなかなか見られない、離れた地域の、企業グループも別の鉄道会社がタッグを組んだ、夢のような観光列車プロジェクトが北海道で行われます。

【画像】東急「THE ROYAL EXPRESS」の美しい車内

 北海道旅客鉄道(JR北海道)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京急行電鉄(東急電鉄)、日本貨物鉄道(JR貨物)の4社は2月12日、北海道エリアの、特に北海道胆振東部地震からの観光復興と地域活性化を目的とした観光列車企画を2019年7月から実施すると発表しました。

 具体的には、東急電鉄とJR東日本がそれぞれ自社エリアで運行する観光列車を北海道に持ち込んで、同様の観光列車としてJR北海道エリアを運行させるというもの。JR北海道は運行業務とおもてなし体制を含めた全体統括、JR東と東急は観光列車の提供と運営、JR貨物は北海道内で運行する車両の回送運搬を担います。

●水戸岡デザインの東急「THE ROYAL EXPRESS」が札幌~道東エリアを走る

 中でも、JRグループではない東急電鉄も協力するのが目玉の1つです。東急電鉄は、横浜~伊豆急下田間を走る臨時観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を提供します。

 THE ROYAL EXPRESSは2017年7月にデビュー。数多くの鉄道車両のデザインを手掛ける工業デザイナー、水戸岡鋭治氏がデザインを手掛け、先端技術の素材や工法と伝統的な素材や職人の技を組み合わせたきらびやかな車内空間を魅力とします。

 このTHE ROYAL EXPRESSがJR北海道の「札幌~道東エリア」を走ります。北海道地区運行予定は2020年5月~8月の間の約1カ月で、週4日運行する計画。旅行商品は2019年冬に発売予定としています。THE ROYAL EXPRESSに電源車と二重連ディーゼル機関車を足したなかなかゴッツイ編成で運行する計画です。

●早速2019年7月から運行、JR東のびゅうコースター風っこを使った「風っこ そうや」

 JR東日本は、レトロな車内と窓ガラスを蓮して車体側面が大きく開く特長があるジョイフルトレイン(団体専用列車、臨時列車用車両)「びゅうコースター風っこ」を北海道へ持ち込みます。

 びゅうコースター風っこは2019年7月27日~9月8日の土曜、日曜、祝日(15日間)に、日本最北の鉄道路線である宗谷線の旭川~音威子府および音威子府~稚内間を運行します。

 列車名は「風っこ そうや」。JR北海道の「北海道の恵み」車両を連結し、車内では北海道の恵みを体感できるイベントなども実施します。広大な田園風景、天塩川を囲む森林、サロベツ原野と利尻富士など、風を感じながら景色を楽しめそうです。

(カナブンさん)

ジャンルで探す