週末は北日本や北陸の平地で積雪も 太平洋側は冬本番の寒さに 西日本は黄砂に注意

メイン画像

週末はこの時期としては強い寒気が南下するため、北海道や東北では、日本海側を中心に平地でも大雪になるおそれがあります。北陸の平地でも積雪になる所があるでしょう。太平洋側は大体晴れますが、昼間は冬本番の寒さになりそうです。また、西日本では黄砂にも注意が必要です。

前線通過後は強い寒気が南下 土日は北海道や東北、北陸の平地で雪も

画像A

明日23日(木・勤労感謝の日)は、大陸から前線を伴った低気圧が接近するでしょう。
日本海側を中心に次第に雨で、風が強まりそうです。前線が通過後は冬型の気圧配置が強まり、週末にかけて強い寒気が南下するでしょう。24日(金)から25日(土)は、上空1500メートル付近でマイナス6℃以下(平地で雪が降る目安)の寒気が流れ込みます。北海道から北陸にかけての日本海側では、25日(土)にかけて、平地でも大雪となる所がありそうです。雪の降り方が強まり、積雪が一気に増えることもありますので、今後の情報にご注意ください。
また、北日本の日本海側では風が非常に強く、大荒れの天気となるでしょう。ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒が必要です。
太平洋側は晴れますが、週末は気温が一気に下がるでしょう。昼間は師走並みの寒さになりそうです。

気温は一気に低下 週末は12月〜1月並みの寒さに

画像B

明日23日(木・勤労感謝の日)の最高気温は、全国的に平年より高く、東日本や西日本では20℃以上の所が多いでしょう。24日(金)も関東は過ごしやすい陽気が続きそうです。そのほかの各地は気温が一気に下がり、西日本は24日(金)から25日(土)にかけて、東日本は25日(土)から26日(日)に12月〜1月並みとなるでしょう。北海道では0℃に届かず、真冬日になる所もあります。体調を崩さないよう、暖かい服装でお過ごしください。

明日23日(木・勤労感謝の日)~24日(金) 南西諸島と西日本は黄砂にも注意

画像C

明日23日(木・勤労感謝の日)から24日(金)にかけては、黄砂にも注意が必要です。南西諸島や西日本には、23日(木・勤労感謝の日)夜から24日(金)明け方にかけて、黄砂が飛来することが予想されています。
なお、黄砂は春に飛来することが多く、大阪で11月に観測されると、2010年以来13年ぶりのことになります。

ジャンルで探す