東海地方 静岡県では猛烈な雨や非常に激しい雨を観測 帰宅時間 局地的な大雨に注意

メイン画像

静岡県では、きょう2日、猛烈な雨や非常に激しい雨を観測しました。15時30分現在、東海地方の広い範囲で雨雲が発達しています。帰宅時間は、局地的な大雨に注意・警戒して下さい。

帰宅時間帯 局地的な大雨に注意

画像A

静岡県では13時過ぎに、記録的短時間大雨情報が発表され、被害の情報も出てきています。
この後は、南から暖かく湿った空気の流れ込みが強まるため、愛知県や岐阜県、三重県でも大気の状態が不安定となり、広い範囲で雨雲が発達しそうです。傘が全く役に立たない、滝のような雨の降る所があるでしょう。最新の気象情報を入手し、少しでも危険を感じたら、安全を確保しながら避難するようにして下さい。

土日も大気不安定

あすは、きょう朝から厚い雲に覆われた、静岡県でも朝から青空が期待でき、日中は晴れ間の広がる所が多いでしょう。ただ、三重県南部では、湿った東寄りの風が吹き付け、一日雲が多く、雨が降ったり止んだりの天気となりそうです。
4日(日)は、引き続き、三重県南部では雲が多く、夕方以降は雨が降るでしょう。その他の地域では、晴れ間が広がる見込みです。4日になると、雨や雷雨の範囲は狭くなりますが、土日ともに天気の急変に注意してお過ごし下さい。

週間天気 台風11号の影響は!?

画像C

非常に強い台風11号は、動きがゆっくりですが、4日以降、東シナ海を北上し、5日には進路を東寄りにかえて、日本海へと進む見通しです。きょう12時現在、風速25m以上の暴風が吹いているか吹く可能性がある「暴風域」は、赤い円のエリアです。また、風速15m以上の強風が吹いているか吹く可能性がある「強風域」は、黄色い円のエリアとなっています。

画像D

台風の北上に伴って、週明け5日から6日頃は、東海地方でも南寄りの風が強まり、雨の量が多くなり、海上では波が高くなりそうです。台風から離れていても局地的な大雨に注意し、週明けは、台風の影響で海上を中心に荒れる可能性があるため、今後の情報に注意して下さい。

ジャンルで探す