16日(火)にかけて東北日本海側を中心に再び大雨 被害拡大に警戒を

メイン画像

前線を伴った低気圧や湿った空気の影響で、16日(火)にかけて東北日本海側を中心に再び大雨となりそうです。先週、記録的な大雨となった青森県や秋田県でも雨量が多くなるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。

16日(火)は滝のような非常に激しい雨の降る所も

画像A

大陸から前線を伴った低気圧が近づいている影響で、15日(月)15時現在、秋田県を中心に雨脚が強まっています。先週は青森県や秋田県で記録的な大雨となり、特に弘前市岳(だけ)では、12日(金)までの72時間雨量が400ミリに達して、8月1ヶ月分の雨量の2倍を超えました。
このあと16日(火)にかけて、前線を伴った低気圧が北日本を通過するでしょう。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東北日本海側を中心に大雨となりそうです。特に、青森県津軽や秋田県北部、山形県庄内などで活発な雨雲がかかり、雨量が多くなるでしょう。1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所もありそうです。
(※非常に激しい雨になると「傘が全く役に立たない」「水しぶきで辺り一面が白っぽくなり、視界が悪くなる」などの状況となります。)

16日(火)朝6時までに予想される24時間降水量は、
いずれも多い所で、東北日本海側で150ミリ、東北太平洋側は100ミリ

その後、16日(火)朝6時から17日(水)朝6時までに予想される24時間降水量は、
いずれも多い所で、東北日本海側で100から200ミリ、東北太平洋側は100から150ミリの予想です。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。また、大気の状態が非常に不安定となるため、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意が必要です。

避難は早めに 避難が困難な場合は「垂直避難」も一つの手段

画像B

先週の記録的な大雨によってすでに被害が出ている地域で再び雨が強まる予想です。地盤が緩んでいる所もあり、少しの雨でも被害が拡大する恐れもあります。
増水した川や急な斜面には絶対に近づかないで下さい。また、夜間に雨が強まる場合は、なるべく明るいうちに、避難所など安全な場所へ避難することが重要です。なお、すでに雨が強まっているなど、避難場所への移動がどうしても困難な場合は、山や崖から離れた2階以上の部屋に「垂直避難」することも一つの手段です。

17日(水)北部で天気回復 18日(木)と20日(土)は広く雨の可能性

画像C

17日(水)は前線が南下するため、東北北部は天気が回復するでしょう。一方、東北南部は雨が降りやすく、雨脚の強まる所もありそうです。その後、18日(木)と20日(土)は前線や低気圧の影響で広い範囲で傘のマークが付いています。ただ、低気圧や前線の位置にまだばらつきがあるため、今後、予報が変わる可能性もあります。最新の気象情報をこまめに確認するようにして下さい。

ジャンルで探す