7日(日) 天気の急変に注意 平野部でも局地的に激しい雨 西日本中心に猛暑続く

メイン画像

きょう7日は、変わりやすい天気。平野部でも局地的に激しい雨。猛暑が続く西日本を中心に、熱中症警戒アラート発表。しっかり対策を。

局地的に大雨

画像A

きょう7日午後6時の発雷確率(雷が発生しやすい確率)は、中国地方や近畿、関東甲信などでオレンジや赤と高い確率です。午後ほど高い確率になっていて、広範囲で天気の急変に注意が必要です。

九州から関東は日の差す時間がありますが、所々で雨や雷雨。平野部でも激しい雨の降ることがありそうです。気温が上がる午後は、山沿いを中心に雨雲が湧いて、関東北部や長野県では局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。

東北は日本海側を中心に雨が降り、雷を伴って激しい雨の降る所がありそうです。南部では晴れ間の出る所もありますが、急な強い雨や突風、ヒョウにもご注意ください。

北海道は雲が広がりやすく、所々で雨。雷が鳴って、ザッと雨脚が強まることもありそうです。夜は南西部や東部で雨の範囲が広がるでしょう。お出かけの際に雨が降っていなくても、傘をお持ちください。

九州から近畿、北陸 熱中症警戒アラート

画像B

最高気温は、沖縄や九州から東海、北陸では33℃前後の所が多いでしょう。鳥取など、35℃以上の猛暑日になる所もありそうです。うだるような暑さが続くでしょう。

熱中症警戒アラートが、鹿児島県(奄美地方を除く)、宮崎県、大分県、熊本県、長崎県、佐賀県、福岡県、山口県、高知県、愛媛県、香川県、徳島県、島根県、鳥取県、和歌山県、兵庫県、大阪府、石川県、新潟県の19府県に発表されています。暑い時間帯の外出を避け、冷房のきいた涼しい場所で過ごすなど対策をしてください。

関東甲信、東北は30℃前後の所が多く、きのう6日と同じくらいか高くなるでしょう。北海道は25℃を超える所が多い見込みです。熱中症情報では東京や仙台で「厳重警戒」レベル。極端な暑さはありませんが、喉が渇く前に水分をとるなど、体調管理にご注意ください。

雷雲が近づくサイン その時どうする?

画像C

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

ジャンルで探す