中国地方 来週火曜から夏空と猛暑 急な暑さ 熱中症のリスク高まる 対策を万全に

メイン画像

中国地方に夏空が戻るのは、来週26日(火)からとなる見込みです。山陰や山陽北部を中心に最高気温が35度以上の猛暑日となる所もあり、暑さが厳しくなる見込みです。万全な熱中症対策が必要です。

22日(金)午後は東部を中心に局地的に激しい雨や雷雨に

画像A

きょう22日(金)は日本海から流れ込む湿った空気や上空の寒気の影響で、大気の不安定な状態が続いています。
山陰や山陽北部を中心に断続的に雨が降り、雷を伴う所があるでしょう。
とくに、午後は鳥取県や岡山県北部で局地的に激しい雨が降る見込みです。これまでの雨で地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害に注意してください。低い土地の浸水や河川の増水にも注意が必要です。

2週間天気前半 来週26日(火)から夏空続く 猛暑に

画像B

今週末、23日(土)は山陽で大体晴れて、カラッとした暑さとなりそうです。山陰は朝まで雨の所がありますが、日中は雲が多いながらも少し晴れ間が出る見込みです。
24日(日)から25日(月)は気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、雨の降る所がある見込みです。

26日(火)からは、高気圧に覆われて大体晴れる見込みです。午後は山地を中心に夕立があるでしょう。天気の急変にお気をつけください。
最高気温は山陰や山陽北部を中心に35度くらいになり、暑さが厳しくなる見込みです。急な暑さは熱中症にかかりやすくなるため、注意が必要です。こまめな休憩や水分補給、屋内ではエアコンを適度に使い、温度、湿度の管理をしてください。

2週間天気後半 晴れる日多く 猛暑続く

画像C

2週間天気後半も高気圧に覆われて、晴れる日が多い見込みです。強い日差しが照り付けるでしょう。最高気温は35度くらいになる日が多く、厳しい暑さも続く見込みです。
夜間も気温が下がりにくく、沿岸部を中心に熱帯夜となるでしょう。一日を通して熱中症対策を万全にしてください。

ジャンルで探す