東京都心で今年初の猛暑日 「観測史上最も早い」 6月の初猛暑日は11年ぶり4回目

メイン画像

きょう25日(土)、東京都心では最高気温が35℃以上と、今年初の猛暑日になりました。「観測史上最も早い猛暑日」となりました。厳しい暑さになっていますので、熱中症に厳重に警戒してください。

東京都心で今年初の猛暑日

きょう25日(土)、関東地方は高気圧に覆われて、朝からよく晴れています。
上空には暖かい空気が流れ込み、強い日差しが照りつけて、気温がグングン上がっています。

東京都心では、午前11時30分ごろに、最高気温35℃を超え、今年初の猛暑日(最高気温35℃以上)になりました。
「観測史上最も早い」猛暑日の記録です。

なお、昨年2021年、東京都心で初の猛暑日になったのは、8月10日で、最高気温36.8℃を観測しました。

東京都心の6月の猛暑日はこれで4回目の記録となり、2011年6月29日以来、11年ぶりです。
1963年6月26日 35.7℃
2005年6月28日 36.2℃
2011年6月29日 35.1℃

この先の暑さは?

画像B

関東地方のうだるような暑さは、この先も広い範囲で長続きするでしょう。

あす26日(日)は、東京都心の最高気温は34℃の予想です。
また、熊谷や前橋では、あす26日(日)も、体温を上回る暑さになる見込みです。
日中だけでなく、夜間も気温が高い状態が続きます。

時間帯を問わず、しっかりと暑さ対策を心掛けてください。
まだ体が暑さに慣れていませんので、熱中症に厳重に警戒が必要です。

熱中症予防

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

①日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。

②できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。

③エアコン使用中も、こまめな換気を行いましょう。換気のためには、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気をしたら、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。

熱中症の応急処置

画像D

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。

ジャンルで探す