40度に迫る危険な暑さ 熱中症警戒を

あす8日 関東の沿岸部は昼頃まで雨 都心など最高気温は10℃以下 真冬並み

メイン画像

あす8日(火)の関東は、昼頃まで千葉県を中心に雨。最高気温は10℃に届かない所もあり、真冬のような寒さに。

沿岸部 雨と寒さ対策を

画像A

あす8日(火)の関東は高気圧と高気圧の間にあたり、沿岸部は雲が多いでしょう。昼頃にかけては、千葉県を中心に雨が降りそうです。強く降ることはなくても、朝の通勤通学の時間帯は傘があると良いでしょう。午後3時頃には雨がやむ見込みですが、夜にかけても雲に覆われて、雨のぱらつく可能性があります。
最高気温は、東京都心と横浜は10℃、銚子は9℃の予想で、真冬のような冷たい空気に包まれるでしょう。朝から気温はあまり上がらず、冷たい北東の風が吹いて、いっそう寒く感じられそうです。きょう7日(月)午後3時までの最高気温は、東京都心で14.2℃と3月中旬並みでした。あすにかけて気温差が大きくなるため、体調管理にご注意ください。
一方、晴れる前橋や宇都宮など内陸部では、最高気温は10℃を少し超えるくらいで、日差しの温もりを感じられるでしょう。

あすの服装の目安

画像B

服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどんな服装が適しているかを提案するものです。
あす8日(火)の関東南部は、朝から夜まで厚手の冬のコートが必要でしょう。冷たい風が吹くため、マフラーや手袋などで、しっかり寒さ対策をしてください。
関東北部や甲府、長野では、朝はダウンジャケットが必要なくらいの冷え込みでしょう。日中は、前橋や甲府では裏地付きのトレンチコートで過ごせますが、夜はグッと寒くなります。朝晩と日中の気温差が10℃以上の所も多いため、重ね着などで調節をする方が快適に過ごせるでしょう。服装選びの参考にしてください。

ジャンルで探す