九州から近畿、北陸は厳しい寒さ 最高気温はきのうより大幅ダウン 10度に届かず

メイン画像

きょう16日(水)は、強い寒気の影響で、九州から近畿、北陸を中心に、きのう15日(火)より寒くなっています。15時までの最高気温は大阪で7.5度など10度を下回っている所が多くなっています。あす17日(木)にかけても気温の低い状態は続きますので、体調管理にご注意ください。

きのうより大幅に気温ダウン

きょう16日(水)は、西日本を中心に強い寒気が流れ込んでいて、九州から近畿、北陸にかけて、きのう15日(火)より気温が大幅に低くなっています。15時までの最高気温は、大阪7.5度、広島6.4度、福岡6.4度、高松6.8度でした。きのう15日(火)の最高気温が12度前後でしたので、各地5度くらい低くなっています。
また新潟は5.3度、金沢5.1度と、日付が変わってすぐに、最高気温を観測していて、日中は5度以下で推移しています。
一方、東京は11.8度と、きのうに引き続き10度を超えて、過ごしやすくなっています。

あすも厳しい寒さ

画像B

あす17日(木)も、日本付近には寒気が居座り厳しい寒さが続きそうです。朝の冷え込みも強く、最低気温が、九州から東北の広い範囲で0度前後の予想です。最高気温も平年より低い所が多く、大阪と福岡で5度、名古屋と金沢で4度の予想で、昼間でも震える寒さとなるでしょう。また、全国的に風も強まり、より一層寒く感じられそうです。
風を通しにくい服やマフラーや帽子を身に着け、肌をなるべく出さないなど、寒さ対策は万全にして、お過ごしください。

ジャンルで探す